糸のように「伸び~る」チーズの秘密

伸びるチーズの代表格はモッツァレラ

そのままチーズを食べるのはもちろんですが、焼いてとろ~っとなったチーズの美味しさといったら、たまらないものがありますね。例えば、ちょっとクセのあるシェーブルチーズも、焼いてみると山羊乳独特の風味がマイルドになり、食感もとろとろになるので、とっても食べやすくなるんですよ♪

さて、焼いて食べると糸を引くように伸びるチーズの代表はモッツァレラ。ご存知ですよね。ピザのトッピングには欠かせないイタリア産のチーズです。でも、どうしてモッツアレラは糸を引くように長~く伸びるんでしょう。

その秘密は製造方法にあります。その名も「パスタ・フィラータ製法」。イタリア語で「パスタ」は生地、「フィラータ」は練るを意味しますから、直訳すれば「練り上げ製法」です。

パスタ・フィラータ製法はとても暑いのです

製法はいたって簡単。ミルクに凝乳酵素を入れて固めたら、生地をシュレッダーで細かく切り、タライに入れます。そこに、ぐらぐらと煮えたった熱湯(100℃!)を一気にザーッと流し入れて、手早く棒でかき混ぜます。そうすると生地はとろとろに柔かくなって、まるでつきたてのおモチのようになります。お湯を捨てながら、更にぐるぐるかき混ぜると、おモチはどんどんねばって、もっともっと伸びるようになるのです。このアツアツのおモチを丸めて作ったのが、みなさんご存知のモッツアレラなのです。

熱湯の中で練ることによって、生地の中に繊維状のものができ、焼いた時にそれらが細長~い糸のようなって伸びるんですね。モッツアレラには、イタリア産の丸型のもの以外に、ドイツ製やオーストラリア製では色が黄色くて四角い形もありますが、作り方はみんな同じ。熱湯の中でぐるぐる練るという「パスタ・フィラータ製法」で作られています。

しかし、100℃のお湯で生地を練るんですから、作業中は湯気がもくもくと上がり、まるでサウナのよう。とっても暑いのです。そんな苦労の中で美味しいチーズが生まれているのです。

<全国一律>
クール便【税抜900円(税込990円)】
常温便【税抜650円(税込715円)】となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ