『P・アレオス熟成ブリア・サヴァラン・アフィネ・オ・トリュフ 1/2カット 約250g』
『P・アレオス熟成ブリア・サヴァラン・アフィネ・オ・トリュフ 1/2カット 約250g』
商品コード : 13703 ~ 13705

フィリップ・アレオス

P・アレオス熟成ブリア・サヴァラン・アフィネ・オ・トリュフ 1/2カット 約250g

贅沢×贅沢!豪華なトリュフ入りチーズの決定版
通常価格:¥6,500~ ¥19,500 税抜
¥6,500 ~ ¥18,520 税抜
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
原産国/ 乳種/ タイプ/ 原材料/ アレルゲンはこちら
¥6,500*
残り6点
¥13,000
¥12,610*
3% OFF
残り4点
¥19,500
¥18,520*
5% OFF
残り1点
  • ※軽減税率(8%)対象品目は単価右横に「*」印を表示しています。
  • 賞味期限目安:
    2019年12月25日
  • 出荷日:
  • 販売期限:
    2019年12月17日(火) 09時30分まで
カートに追加しました。
カートへ進む
シェアする >
Fb
Tw
Line
必ずお読みください。
  • ご予約商品です。予約期間終了後のキャンセルはお受けできかねます。
  • 熟成士は、満足のいく熟成状態にチーズが熟成されないとフランスより出荷しないため、納品日が多少前後する可能性があります。想定よりも熟成が早く進むと早く到着し、仕上がりが遅いと遅れる可能性もあります。発送日はあくまでも目安となります。
  • この商品は冷凍便と同梱できません。
大イメージ ※「カマンベール・アフィネ・オ・トリュフ」のように、薄くスライスしたトリュフを、ブリア・サヴァランの間に挟み、アレオス氏が熟成しています。

この秋冬も、フィリップ・アレオス氏の“トリュフ入りチーズ”各種をご紹介しておりますが、 『ブリア・サヴァラン・アフィネ・オ・トリュフ』も登場いたします!

アレオス氏自ら熟成した最上級チーズをベースとして、そこに贅沢にもトリュフをたっぷりと加え、より豪華に、より濃密な味わいへと進化させた、何とも贅沢なチーズです♪

イメージ

こちらは、以前に限定入荷品としてご紹介し、あっという間に完売となってしまった、アレオス氏が熟成を手がけた絶品の白カビチーズ『アレオス熟成 ブリア・サヴァラン』がベースになっています。

ここに、アレオス氏が厳選した「黒トリュフ」を贅沢に投入し、さらなる深み、優雅な風味、芳醇な薫りを加えた贅沢な逸品となっております♪

それでは、このチーズの熟成を手がけた「フィリップ・アレオス氏」について、簡単にご紹介しておきましょう。

チーズ熟成士の巨匠「フィリップ・アレオス氏」とは? 熟成士ブランドページへ 口どけリッチな白カビチーズ『ブリア・サヴァラン』とは?
『ブリア・サヴァラン』
このチーズは、フランス北部のイル・ド・フランス地方セーヌ=エ=マルヌ県で作られています。
アレオス氏の熟成庫があるパリを中心とする、フランスの核となる土地です。

首都パリを目指して、世界中から数多くの観光客が訪れますが、都心から離れた平原では酪農も行われ、質の高い牛のミルクを使って、数々のチーズやバターが生み出されてきました

有名な「ブリー・ド・モー」を筆頭に、ここで搾られた風味豊かなミルクを使って、昔から多くの白カビチーズが作られてきました。

『ブリア・サヴァラン』の名前は、「美味礼讃」を著した食通ジャン・アンテルム・ブリア・サヴァランの名前にちなんでおり、名前からも"美食家のチーズ"として知られています。

『ブリア・サヴァラン』 アレオス熟成『ブリア・サヴァラン』試食レポート
『ブリア・サヴァラン』
チーズの表面はうっすらと白いカビに覆われており、ところどころに熟成の証拠である“褐色の斑点”が見られます。

ブリア・サヴァランは熟成前のフレッシュな状態でも、熟成後の状態でも楽しめるチーズですが、熟成士の巨匠であるアレオス氏が3週間以上をかけて熟成させたその表皮からは、マッシュルームやアーモンドなどの豊かな香りが漂い、ますます期待が高まります♪

ドキドキしながらナイフを入れてみると、バターのように柔らかな生地が姿を現します。しっかりと常温に戻したチーズの断面からは、爽やかなバターや、ほんのりとナッツの香りが。

そして口に入れた途端に、一気にふわ~っと広がっていくのは良質で濃厚なミルクの風味!その後をどんどんと追いかけるように、バターのようなコクが口の中でとろけていきます♪

思わず「幸せ♪」と声に出てしまうほどのおいしさです!

なめらかな生地が舌の上でねっとり溶けていくのと同時に、リッチでコクのあるミルクの風味が口いっぱいにあふれ出ます。

フレッシュでさっぱりとした、まだ若い『ブリア・サヴァラン』と大きく異なるのは、長い余韻として口に残る、豊かな風味と優しいミルクの香りです。

ただクリーミーなだけでなく、熟成により生じた酸味と、マッシュルームのような奥行きのある風味が、複雑に絡み合い、チーズの味わいをしっかりと引き締めてくれているのです!

食べやすさはそのままに、本格的な熟成チーズの味わいが楽しめる、“熟成士の巨匠”アレオス氏ならではの、見事な逸品です♪
『ブリア・サヴァラン』

バターのように濃厚なミルクのコクと、それを支える穏やかな酸味のバランスが素晴らしく、エレガントな味わいが魅力です♪

ちなみに、アレオス氏が熟成する『ブリア・サヴァラン』には、もうひとつ"最上級の証"があります。

それは「ムレ・ア・ラ・ルーシュ(ルーシュで型詰めしている)」という、『カマンベール・ド・ノルマンディー AOP』にも使われているのと同じ伝統的な製造方法を用いて作られていること。

工場で大量生産している『ブリア・サヴァラン』とは異なり、「ルーシュ」という、伝統的にチーズ製造に使われてきた"おたま"に似た道具を用い、農家の方が一つ一つ丁寧に型詰めをしているのです。

この工程のことを「ムレ・ア・ラ・ルーシュ」といいます。

こうした丁寧な仕事ぶりによって、バターのようなコクが生み出され、奥行きのある味わいも、優雅で上品な余韻も、まさに"格別"です!

『ブリア・サヴァラン』

こんなただでさえ美味しい『アレオス熟成 ブリア・サヴァラン』に、アレオス氏が厳選した最上級の”黒トリュフ”を投入しています!

『ブリア・サヴァラン』

まろやかな白カビチーズ「ブリア・サヴァラン」に、厳選した「トリュフ」を加えた、最上級チーズ『ブリア・サヴァラン・アフィネ・オ・トリュフ』。

じつはこちら、と〜〜〜っても生産数の少ない希少なチーズでして、、、、


正直なことを申しますと、アレオス氏の熟成チーズの中でもとってもレアな逸品でして、生産数が少ない上に、世界中から注文が殺到しているため、当店スタッフでも、事前に試食できた者はほんのわずかです。

その感想を聞いてみたところ、、、、

スタッフA
●スタッフB ●スタッフB

う〜ん、羨ましいです!私も食べたくなってきました!!

スタッフA

ブリア・サヴァランのような"牛乳製のコクがあるチーズ"は、日本ではもっとも人気のあるタイプですし、そこにトリュフが加わるんですから、美味しいことは間違いないとしても、”想像をはるかに超える”なんて言われると、、、、

期待はさらに高まりますよね♪♪♪


”即完売”となること間違いなしの『ブリア・サヴァラン・アフィネ・オ・トリュフ』。気になる方はお早めにご予約くださいませ!

お待ちしております♪

商品レビューレビューを投稿
<全国一律>
クール便900円(税抜)
常温便650円(税抜) となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ