商品コード : 16180

創立20周年記念スペシャル【P アレオス熟成】 パルミジャーノ レジャーノDOP70ヵ月熟成 約200g

巨匠が5年10ヵ月もの歳月をかけた超々長期熟成チーズ
¥7,100 税抜
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
商品詳細・内容量はこちら
約200g 1個
¥7,100*
残り4点
  • ※軽減税率(8%)対象品目は単価右横に「*」印を表示しています。
  • 出荷日:
  • 販売期限:
    2020年9月30日(水) 09時30分まで
カートに追加しました。
カートへ進む
シェアする >
Fb
Tw
Line
必ずお読みください。
  • ※このチーズは、イタリア産チーズをフランスで熟成しているため、原産国フランスと表記しています。
  • 熟成士は、満足のいく熟成状態にチーズが熟成されないとフランスより出荷しないため、納品日が多少前後する可能性があります。想定よりも熟成が早く進むと早く到着しますし、仕上がりが遅いと、到着も遅れる可能性もあります。出荷日はあくまでも目安となります。
  • 販売期間中でも予定販売数が終了次第、ご注文を締め切らせていただきます。
  • 商品代金とは別に、送料が必要となります。
\20周年記念特別入荷!限定10kgのみ!追加はございません/
70ヶ月もの超々長期熟成チーズは滅多にお目にかかれない逸品!

【P アレオス熟成】 パルミジャーノ レジャーノDOP70ヵ月熟成 約200g

創立20周年記念スペシャル!!!

「創立20周年記念にあわせて朗報が
アレオス氏から届きました!

アレオスファンの皆さまに、嬉しいお知らせです。

なんと、アレオス氏からこんな驚きの知らせが届きました。

今なら『パルミジャーノ・レジャーノ70ヵ月』が最
高の熟成具合に仕上がっていますよ! 創立20周年という節目に、こんな嬉しい知らせをいただけるとは!!即答で「お願いします!」と勢いよく返事していました。

写真を見ていただいてお気づきかと思いますが、どうでしょう、この見事なパルミジャーノ!長期熟成によって形成されたアミノ酸の結晶も、通常のパルミジャーノと比べてはるかに大きく、旨味がぎゅーっと凝縮されています。

このまま、ずっとこの美しいパルミジャーノを眺めていたい気持ちもありますが、まずは一般的なパルミジャーノについてご説明しましょう。

「イタリアチーズの王様」

パルミジャーノ レジャーノDOP 36ヵ月以上熟成
イタリアチーズとしてあまりにも有名な『パルミジャーノ・レジャーノ』。1000年以上前から北イタリアで作られてきた、重さ30~40kgにもなる大型のハードチーズです。製造の際には、前日の夕方のミルクを寝かせたものと当日の朝のミルクを合わせてつくる伝統技法が用いられ、今でも職人の手作業で作られています。
フルーティーな酸味と凝縮されたミルクのコクが特徴です。
一般的なパルミジャーノも、十分に美味しいです。
そのまま食べても美味しいですし、パスタやサラダなど身近な料理にかけても、その味わいをワンランク上にアップさせてくれます。

でも、これからご紹介する『アレオス熟成パルミジャーノ・レジャーノ70ヵ月』の禁断の味わいを知ってしまったら、、、、もう後戻りできなくなってしまうでしょう(笑)
パルミジャーノ・レジャーノ70ヵ月 パルミジャーノ・レジャーノ70ヵ月
世界最高レベルの技術を持つチーズ熟成士「フィリップ・アレオス氏」が、「70ヵ月=5年10ヵ月」という、気が遠くなるほどの時間をかけて、丁寧に丁寧に熟成を行った“超々長期熟成チーズ”です。

色合い、アミノ酸の結晶の美しさ、口に含んだ瞬間の香り、噛みしめたときのコク深さ…。
そのすべてが完璧な状態にまで高められています。
パルミジャーノ・レジャーノ70ヵ月
熟成期間は、単純に“長ければ良い”というわけでもありません。
長く熟成させていくにつれ、逆に本来のバランスが崩れてしまうような例も見られますし、水分を失ってしまう場合もあります。
その微妙なラインを見分けるには、やはりチーズ熟成士の豊富な経験と確かな技術に頼るほか無いのです。
パルミジャーノ・レジャーノ70ヵ月
以前、数量限定ではありましたがアレオス氏の「60ヵ月熟成」のパルミジャーノをご紹介したことがありましたが、そのときでさえ、通常のものとは段違いの熟成感を味わえると、お客さまからも大変なご好評をいただきました。
これが、「70ヵ月熟成」となると、その旨みのレベルはもはや想像を越えています。

通常の長期熟成のパルミジャーノで感じられる、ジャリジャリとしたアミノ酸の結晶は、「ジャリジャリ」というレベルを越えて、「ザクザク!」という食感に進化しています。
また、長期熟成にもかかわらずパサパサとせず、ほくほくした食感と、フルーティーな香り、ミルク本来の甘み、バルサミコのような酸味までもがバランス良く織り重なって、口の中で増幅していきます。

その至福の余韻たるや・・・

この先は、実際に食べてみて、体験してみてください!
さてここで、アレオス氏のプロフィールをここでおさらいしましょう。
熟成士の巨匠 フィリップ・アレオス

フランスにおける
チーズの熟成基準を作り上げるなど
数々の功績を讃えられ、
世界でただ一人
「Maître artisan fromager affineur
(チーズ熟成士の巨匠)」の
称号を与えられている人物。

パリにショップを構え、地下にある4つの熟成庫にてあらゆるタイプのチーズを熟成し、販売しています。
1年で扱うチーズの種類は「180~250種」にも達しますが、その一つ一つに対し、最適な温度・湿度管理・洗い方などを把握していて、経験と技術によって最高の状態にまでチーズのコンディションを高めます。充実した施設で徹底した衛生管理を行っていることでも知られています。
彼の卓越した熟成技術はプロからも高い評価を受け、仏で強い影響力を持つグルメガイド「ゴー・ミヨ」では4年連続受賞。彼が熟成を手掛けたチーズは、仏大統領、英国女王をはじめとした各国VIPの晩餐会に数多く重用、ミシュランの星付きレストランにも選ばれています。アメリカ、オーストラリア、アジア各国でもその業績は取り上げられ、「ニューヨーク・タイムズ」誌をはじめとするさまざまなメディアでも紹介されました。多くのジャーナリストが彼の熟成庫を訪れ、世界中の注目を集めています。

チーズ熟成士の巨匠 フィリップ・アレオス 世界でただ一人、「チーズ熟成士の巨匠」という称号を与えられたフィリップ・アレオス氏が、慎重に目利きをしてイタリアから取り寄せ、パリの熟成庫で熟成させた『パルミジャーノ』というだけでも非常に価値のあるものですが、それが「70ヵ月=5年10ヵ月」という、気の遠くなるような歳月をかけて熟成されたものであればなおさら、その希少さがご想像いただけるかと思います。

「5年10ヵ月熟成」ということは、高校生だった子が成人するくらいの年月です。今から遡ると、2013年の7月に製造され、イタリアの生産者の元からパリのアレオス氏の熟成庫に運ばれ、アレオス氏の熟成庫で2019年まで、ずっと大切に熟成されていたものです。

チーズは熟成期間が長ければ長いほど、熟成士の手間がかかっているのでその価値は高くなります。
今回は、「70ヵ月熟成」ということで、おそらく私たちが輸入したことのあるアレオス氏のチーズの中でも、もっとも熟成期間の長いものだと思います。

おそらく、この長い期間、熟成に費やす労力、費用などを考えたら、アレオス氏ほどの熟成士でないと挑戦できないことでしょう。

ぜひ、「5年10ヵ月」という歳月をご想像しながら、宝石のように価値のあるアレオス氏の極上パルミジャーノをお楽しみください。
商品レビューレビューを投稿
<全国一律>
クール便900円(税抜)
常温便650円(税抜) となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ