『★わけありセール★【メゾン ド ラ トリュフ】 黒トリュフ入り エキストラヴァージン オリーブオイル 約100ml』
商品コード : 16775

メゾン ド ラ トリュフ

★わけありセール★【メゾン ド ラ トリュフ】 黒トリュフ入り エキストラヴァージン オリーブオイル 約100ml

トリュフ入りの贅沢で香り高い逸品!
通常価格:¥4,200 税抜
¥3,360 税抜
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
商品詳細・内容量はこちら
1本
¥4,200
¥3,360*
20%OFF
残り1点
  • ※軽減税率(8%)対象品目は単価右横に「*」印を表示しています。
  • 賞味期限目安:
    2020年8月31日
  • 出荷日:
  • 販売期限:
    2020年8月21日(金) 09時30分まで
カートに追加しました。
カートへ進む
シェアする >
Fb
Tw
Line
必ずお読みください。
  • こちらの商品の賞味期限は2020年8月31日までです。予めご了承ください。
  • チーズとの同梱は「冷蔵便」でのお届けになります。
  • 温度の低い場所では凝固し白濁することがありますが、これはオイルに含まれるオレイン酸の性質です。常温に戻すと元に戻り、品質に変化はありません。体に害はなく、オレイン酸が豊富に含まれている証です。
  • この商品は冷凍便と同梱できません。
\\ \わけありセール!20%OFF/ //
パリで有名な“トリュフ専門店「MAISON DE LA TRUFFE(メゾン・ド・ラ・トリュフ)」から、贅沢な逸品♪” 人気雑誌『25ans(ヴァンサンカン)』海外の有名雑誌でもたくさんの掲載実績あり♪

世界三大珍味のひとつである“トリュフ”をふんだんに使用した
<極上黒トリュフ入りオリーブオイル>が賞味期限が迫っている為、わけありセールで登場です♪

こちらは、パリの老舗トリュフ専門店【メゾン・ド・ラ・トリュフ】からの直輸入品で、同店が取り扱う商品の品質の高さは、本場ヨーロッパでも折り紙つきです。

世界3大珍味といわれ、グルメも憧れる食材「トリュフ」ですが、日本ではまだあまり馴染みがないため、どんなものなのか不安に思われるかもしれませんが、、、、

そんな方こそ、この「トリュフ入りオリーブオイル」をご使用ください!

このトリュフの魅力とは?●最高峰トリュフをそのまま贅沢に使用したレアな逸品!●高級レストランの味をご自宅で手軽に味わえます!●一振りするだけで味が見違える、面白い商品です!●パンやサラダ、パスタ、リゾットに!●素敵なパッケージでお土産にも必ず喜ばれます!

風味も濃厚な、黄金色のエキストラバージンオリーブオイルは、エッセンスとしてお料理に数滴ふりかけるだけで、プロの味わいを再現してくれる一級品です。

「トリュフの風味なんて、どうやって使ったらいいの?」

そんな風に身構えることなく、パン、サラダ、オムレツなどにもお使いください。いつもの食べ慣れたお料理であっても、こだわりのトリュフ味が加わることで、レストランのようなお味に変身してくれるのですから♪

ちなみに、日本でもトリュフ風味のオリーブオイルは販売されていますが、そのほとんどが“香料”です。

しかし、このトリュフ入りのオリーブオイルは、生のトリュフがスライス状にそのまま入っていて、とっても贅沢!風味も段違いに素晴らしいのです♪

では、このトリュフ香る黄金のオイルを手掛ける「メゾン・ド・ラ・トリュフ」についてご紹介してまいりましょう!

皆さん、まずはこのポスターをご覧ください。

こちらは、パリで有名な“トリュフ専門店”である「MAISON DE LA TRUFFE(メゾン・ド・ラ・トリュフ)」の看板ポスターです。フランスに詳しい方であればご存知かもしれませんね。

気品あふれる神士が、愛する女性に“指輪”…ではなく、“トリュフ”を捧げています。そして、高級品トリュフを贈られ、嬉しそうにしている女性が描かれています。

そんな2人の背景には、華の都パリの象徴ともいえる凱旋門、そしてシャンゼリゼ通りを囲む木々が、ライトアップされて光り輝いています。きっと大切な記念日なんでしょうね。

そんな幻想的でロマンティックな夜に是非訪れたいお店が、この「メゾン・ド・ラ・トリュフ」なのです!

▲マドレーヌ広場の第一店舗
▲ショーケースにはトリュフがたくさん!
▲シャンゼリゼ通り近くのマルブー店

私も、フランスを訪れることが多いので(仕事ですから、ロマンティックなことはありませんが…)、世界三大珍味の最高級を舌に覚えさせるためにも、フランスへ行った際には、可能な範囲で立ち寄るようにしています。

やはり、本物のトリュフは、そうそう食べられるものではありませんからね。世界三大珍味と言われるほどであり、なおかつ旬の季節があるトリュフとなると、なかなかめぐり合えないものなのですからね~。

「メゾン・ド・ラ・トリュフ」は、パリのグルメの中心であるマドレーヌ広場、そして、パリの銀座と称されるシャンゼリゼ通りと、パリでも最も華やかな2つの地域に店を構えています。

▲レストランの様子
▲レストランで人気のマッシュポテトのトリュフ掛け
▲とても落ち着いています

いずれも味わい・風味ともに最高レベル。何度行っても決して飽きることはありません。他の専門店へ行ったこともありますが、最終的にはやはりこちらへ戻ってしまうのです。

フランスで有名なファッション雑誌「ELLE(エル)」や、ミシュランと並ぶグルメガイド本「ゴ―ミヨ」にも取り上げられているホットなレストランでもあります。

また、センスも抜群なんですよね。レストランで食事を楽しんだ後は、そのご家族や来店できなかったお客様にもトリュフを楽しんでいただきたい…と、トリュフをオシャレな小瓶やデザインボトルに詰めて、さまざまな食材に加工して販売しています。

▲メゾン・ド・ラ・トリュフ」が販売しているグッズ
▲トリュフがそのまま入ったトリュフ入りオイルは人気商品
▲石造りの壁とピンクのパッケージが可愛らしく上品ですね

私が訪問した際の動画もご覧ください。

※クリックすると音声が流れます

美しいですよね。気品あふれるピンク色のデザインも、ロゴもパッケージも、高級感があって本当に素敵だと思います。 日本の方にも好まれるデザインではないでしょうか?

私も何度もお土産に使ってきましたが、これは本当に喜ばれます。

トリュフそのものの高級感、パッケージの美しさに加えて、これだけ有名な老舗の品なのに“日本未入荷”で、国内のどこを探しても手に入らないのですから!

しかも、パリのショッピングスポットとして有名な、フランス中のグルメ食材を集めている人気のショップ「ギャラリー・ラファイエット」の地下食品売り場でも販売されているほどです!

こちらは、売れない商品はすぐに廃止されてしまうという厳しい競争の世界だと聞いています。そんなお店でも、大きな専用棚を持ち、美しくディスプレイされていましたので、きっと人気が高いんでしょうね。

何年もの間、謎に包まれてきたトリュフの正体。

▲なめらかでじゃがいものような白トリュフ
▲ピラミッド状の表皮を持つ黒トリュフ

このトリュフという食材ですが、“丸く黒いチョコレート”を思い浮かべる方も多いでしょう。普段は食べ慣れないものですから、なかなかイメージしづらいでしょうね。

まずは、トリュフは一体どのように収穫するのか、どんな食材なのか…というところからご説明いたしましょう。

●「トリュフ」とはどんな食材なのか? ●「トリュフ」とはどんな食材なのか?
▲トリュフの特徴はなんといってもその香り!
▲専用のトリュフスライサーで削ってパスタに一掛け
▲バタ―と合わせたパスタにトリュフを振りかけるだけで絶品料理に
●「トリュフ」とはどんな食材なのか? ●黒トリュフ
●白トリュフ

今でこそ、“ダイヤモンド”と称されるトリュフですが、紀元前16世紀(!)に、トリュフについて書かれた最古の記述が残っており、そこには「地中から現れる、強烈な香りの奇妙な食べ物」と記されていたそうです。

その香りは本当に個性的で、時代が変われば扱いも違うのだと認識させられますね(笑)

さて、そんなトリュフはどのように収穫されるのでしょうか?
実は私たちにも身近な“ある動物”が大活躍しているんですよ!

▲はい。このかわいらしい犬がトリュフを探し求めてきます!
●トリュフの収穫方法
▲まずは犬と一緒に森へ向かいます。
▲ここが怪しい…犬がトリュフ職人に伝えます。
▲せっせと掘り起こすトリュフ職人。
▲やりました!大きな白トリュフを発見です。
▲トリュフ犬をしっかりと褒めてあげます。
▲大きく身が引き締まったトリュフは香りがすごいんです。
●トリュフの収穫方法

赤ちゃんの頃から厳しくしつけられた犬が、トリュフを探しだす大事な役割を果たしているんですね。動物と飼い主との間には長い訓練期間があり、その絆があってこそ収穫できるのです。 伝統と歴史を感じますね。

それでは、そんなトリュフの専門店として、トリュフを提供しているレストラン「メゾン・ド・ラ・トリュフ」について、詳細をお話しいたしましょう!

●「メゾン・ド・ラ・トリュフ」
▲トリュフオイルも準備されたテーブル
▲「トリュフリゾット」
▲こちらも人気メニューです
▲トリュフと白身魚のカルパッチョ
▲ホタテのトリュフ焼き
▲トリュフ風味のサラダ
●「メゾン・ド・ラ・トリュフ」

ゴージャスで、ちょっとセレブな大人のレストラン。
そんな印象のお店ですので、ここでは束の間の贅沢気分を味わうことができます。

▲担当者の方とお店の前で
▲「メゾン・ド・ラ・トリュフ」を輸入できるなんて夢のようです!
▲いつかはこのホールトリュフも皆さまにお届けします。
▲さまざまな商品を紹介してくれました。
▲「おすすめはこのオイルだよ。香りがとにかく凄いんだ。」
▲ちょうど収穫されたばかりのトリュフが届きました!
お店は決して広くありませんが、店内はとても居心地がよく、ギャルソンの方たちもとても気さく。色んな説明をしてくれるので、とても勉強にもなります。

高級レストランですが、あまり緊張せずに心地よく過ごせるんですよね。
▲トリュフをしりつくしているお店のギャルソン
▲大粒のトリュフがゴロゴロ。こんなの見たことがありません(笑)
▲おそるおそる嗅ぐと…この後はもちろん目を閉じてしまいました(笑)
▲熱心にトリュフについて説明してくれました。
▲ブラッシング作業。トリュフについている土を除きます。
▲トリュフをカットすると、中から綺麗な大理石模様が。

そんな「メゾン・ド・ラ・トリュフ」のラインナップの中から今回は、黒トリュフ入りオリーブオイルセールいたします!

このトリュフ入りオリーブオイルは「メゾン・ド・ラ・トリュフ」のラインナップの中でも絶大な人気を博しているのです。

●たった数滴でプロの味が実現する“魔法のオイル”『黒トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』 黒トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル
黒トリュフは白トリュフよりも扱いやすく、一番人気の品です。

白トリュフよりも少し香りが薄いですが、また違った華やかさがあります。「ぺリゴール産」と呼ばれる南仏で収穫されたもので、11月~4月が旬。しっかりと身が引き締まっていて、黒色が濃いものが、成熟した上級品の証です。

「メゾン・ド・ラ・トリュフ」のものは成熟が進んでおり、ほぼ真っ黒な状態のトリュフを使用しております。土の中でピラミッド型のゴツゴツとした表皮から呼吸し育ちました。
その香りは、木や土、ムスクのようだと表現され、少し甘みを帯びているのが特徴です。

白トリュフとは違った個性的な味わいが楽しめます。わずか数滴で、部屋中に広がるような濃密な芳香が広がります。

冷たいお料理にも、温かいお料理にも良く合います。仕上げに盛り付けたお料理に少しかけるだけ。牛肉のカルパッチョや魚介のサラダ、お肉の煮込み料理、ステーキ、ハンバーグなど、どんなお料理もワンランク上の味わいになります。

また、より普段使いでも大活躍で、スクランブルエッグや目玉焼き、オムレツなどにもかけてみてください。何気ないお料理が、まるでホテルの朝食のような味に早変わりします。
また、塩を加えてパンにつける食べ方もお試しください。

オイルはほんの数滴垂らせば、風味がお口いっぱいに広がり、長く楽しめるでしょう。
是非赤ワインでお楽しみください。

パリの高級レストランの味をご自宅で簡単に楽しめますから、本当に便利なんですよね~。

身近なところで、パン、サラダ、オムレツなどにもお使いください。いつもの一品でも、こだわりのトリュフ味が加わることで、普段使いでも、友人が来た時に振る舞うお料理としても大活躍してくれるでしょう。

日本にもトリュフ風味のオリーブオイルは販売されていますが、そのほとんどが“香料”です。しかし、このトリュフ入りのオリーブオイルは、生のトリュフがスライス状にそのまま入っているのが特徴です。

こんなに贅沢に入っているものは、かなり珍しいんですよ!

実際に、このオリーブオイルは、フランスのレストランでも各テーブルに置かれていました。そこでは、トリュフ入りの岩塩などを加えて、贅沢な風味をそのまま味わうべく、パンとともに楽しむ方が多かったですね。

▲黄金いろに輝くオイルの中には、生のトリュフが入っています!
▲さっそく担当者の方とレストランで試食会
▲やはりテーブルにはトリュフオイル。是非ご自宅でも!

ご自宅で、普通のオリーブオイルではなく「トリュフ入り」を出せば、それだけ豪華さも増し、ご家族やご友人も「おぉ~っ!」と驚いてくれるはずです。

どんなお料理も引き立ててしまうトリュフ入りオリーブオイル。

見た目も華やかですから、ギフトとしてご利用いただく機会も多い“至高のオリーブオイル”です!

豊かな香りで食卓がさらに盛り上げること間違いありません。是非お買い求めください♪

商品レビューレビューを投稿
<全国一律>
クール便900円(税抜)
常温便650円(税抜) となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ