Untitled
商品コード : 16701 ~ 16702

フィリップ・アレオス

【P アレオス熟成】アレオスチーズ ランキングべスト5<2020>

どこをとっても主役級チーズのみ!
通常価格:¥14,950~ ¥20,950 税抜
¥12,950 ~ ¥17,950 税抜
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 送料無料
原産国/ 乳種/ 原材料/ アレルゲンはこちら
¥20,950
¥17,950*
3000円OFF
購入可
¥14,950
¥12,950*
2000円OFF
購入可
  • ※軽減税率(8%)対象品目は単価右横に「*」印を表示しています。
  • 賞味期限目安:
    出荷から1週間前後のものも含む
  • 出荷日:
  • 販売期限:
    2020年3月19日(木) 09時30分まで
カートに追加しました。
カートへ進む
シェアする >
Fb
Tw
Line
必ずお読みください。
  • ご予約商品です。予約期間終了後のキャンセルはお受けできかねます。
  • 熟成士は、満足のいく熟成状態にチーズが熟成されないとフランスより出荷しないため、納品日が多少前後する可能性があります。想定よりも熟成が早く進むと早く到着し、仕上がりが遅いと遅れる可能性もあります。発送日はあくまでも目安となります。
  • この商品は冷凍便と同梱できません。
アレオスチーズ ランキングべスト5

2019年度アレオスランキング発表!

どこをとっても主役級チーズのみ!
今季最終便モンドールは、当店のためだけに熟成!
つまり、世界中どこを探しても、手に入るのはここだけです!

本年度のラストを締めくくるべく、
すっかり毎年の恒例となった“年に一度の人気セット”をご紹介する日がやってまいりました♪

チーズ熟成士の巨匠「フィリップ・アレオス氏」の人気チーズを集め、
今年度を美味しく総括するランキングセット『アレオスチーズ ランキングべスト5』をどうぞ!
こちらは、今年度の販売データを集計し、
ランキングの「ベスト5」を集めてそのままお届けする、“すべてが人気チーズ”という贅沢セットです。

当店では、アレオス氏の熟成チーズを多数ご案内しておりますが、
「種類が多くて、どれを選べばいいのか迷う……」 という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方にこそオススメなのが、このセットです。

2019年度 お客様から人気だったチーズは!?

アレオスチーズ ランキング Best5

ハードチーズの傑作、堂々1位!
深い味わい。噛みしめるたびに感動

コンテAOP
18ヶ月熟成

フィリップ・アレオス熟成

後戻り不可能?!
エポワスの常識を覆す禁断の逸品

エポワスAOP

フィリップ・アレオス熟成

“カマンベール大使”アレオス氏の傑作。
これを食べなきゃ始まりません。

カマンベール・ド・
ノルマンディーAOP

フィリップ・アレオス熟成

クリーミーな熟成感が絶品。
小ぶりでも存在感抜群、なめらかで濃厚

サンマルスラン・
アフィネ

フィリップ・アレオス熟成

アレオス家秘伝のオリジナルチーズ。
レシピはベールに包まれている謎多きチーズ

ミステール・
ダンベール

フィリップ・アレオス熟成

私の店はもちろん、
私のチーズをご紹介している場所・国はいくつかありますが、
今、もっとも出来の良いチーズをお届けできているのは日本かもしれません。

日本の皆さんはクオリティーに敏感で、
見た目・味わいともにパーフェクトを求めます。

それだけ、こだわりの強い国民性だと思うので、
日本向けのものは一番注意深くしています。

その結果、

世界でも美味しいチーズが手に入るのは、日本のオーダーチーズだ

と言ってもいいかもしれませんよ!
人気ラインナップにプラスして、
冬場にご愛顧いただいているモンドールもいかがでしょう?

残念ながらランキング外でしたが、
冬だけで見ればランキング入り確実でしょう。

実は、日本向け以外のモンドールの販売はすでに終了しています。
フランスのアレオスショップでももう手に入りません。
ですから、既に熟成を始めているこのモンドールは全て日本のお客様のためのものです。

日本の皆さまの食べ納めとして、チームアレオス一同、愛情込めて熟成しています。

ということで、今回は、いつものベストランキング5にプラスして、
秋冬限定のモンドール入り<スペシャル>セットもご用意いたしました!

それではここであらためまして、今年もこの“スペシャル企画”に協力してくれる
「フィリップ・アレオス熟成士」についてご説明させていただきましょう!

熟成士の巨匠
フィリップ・アレオス

熟成士の巨匠 フィリップ・アレオス
熟成士の巨匠 フィリップ・アレオス

熟成士の巨匠 フィリップ・アレオス

フィリップ・アレオス氏は、パリにショップを構え、地下にある4つの熟成庫にてあらゆるタイプのチーズを熟成し、販売しています。
1年で扱うチーズの種類は「180~250種」にも達しますが、その一つ一つに対し、最適な温度・湿度管理・洗い方などを把握していて、経験と技術によって最高の状態にまでチーズのコンディションを高めます。充実した施設で徹底した衛生管理を行っていることでも知られています。彼の卓越した熟成技術はプロからも高い評価を受け、ミシュランの星付きレストランにも選ばれています。さらに「ニューヨーク・タイムズ」誌を始めとする様々なメディアでも紹介され、世界中の注目を集めています。

アレオス氏がチーズ熟成にかける想い。

私たちは熟成チーズという素晴らしい自然からの産物を、そしてこの職業にかける熱い思いとノウハウを、今までもこれからも、美味しいチーズをお届けすることを通してお客さま方に伝えていきたいと思っています。この歴史ある貴重なフランスの文化的財産を、皆さまが親しい方との笑顔溢れる大切な時間に、美味しく楽しんでいただければ、それは私たち職人にとって、何より喜ばしいことであります。

【店舗情報】

  • 13, rue Poncelet, 75017 Paris
▽
続きを読む
閉じる
フィリップ・アレオスのブティック

2019 ランキング入りチーズのご紹介

ランキングのチーズ紹介ランキングのチーズ内容紹介

フィリップ・アレオス熟成コンテAOP 18ヶ月熟成ハードタイプ

コンテAOP 18ヶ月熟成
本場フランスで人気のチーズ
チーズの種類が400とも600ともいわれている、チーズの本場フランスで「カマンベール」や「ロックフォール」以上の人気を誇っているのがこの『コンテAOP』です。その歴史は古く、中世の頃にはすでに生産が始まっていたとのこと。
はスイスと国境を接し、ブルゴーニュ地方とアルザス地方の間に位置するフランシュ・コンテで作られています。多くの川が流れており、切り立った山の斜面から流れでる水と広大な森林に恵まれ、フランスでも、最も美しい地方の一つに数えられます。
衝撃的な甘みとコクを引き出した逸品
これをフランスで唯一「巨匠」と呼ばれるチーズ熟成士の巨匠“フィリップ・アレオス氏”が18ヶ月もの長い期間をかけて熟成させたものをお届けします。
巨匠により、長期にわたり手掛けられた作品からは、ナッツや栗を思わせるようなほっこりとした深い味わいと甘みを感じることができ、程良い塩気と共にミルクのコクが一気に鼻まで抜けていき、噛みしめるたびに衝撃が広がるような感覚を味わえます。旨みがギュッと詰まっていて、他のチーズでは決して味わえないものでしょう。
まるで栗のようなほっこり加減
新米ママさん

コンテAOP頂きました!!衝撃でしたね。もし目隠しされて食べさせられたらチーズだと思わないかも。。塩味もありながらどこか甘みもあり、、食感とか雰囲気は栗のような感じでした。ほっこりしたコクが特徴的だと思います。今までハードはミモレットとかゴーダとかおつまみにピッタリなチーズが好きでしたが、こういうチーズもいいですね?!心がポウっと暖かくなるような、、なんだか安心できる味でした!

ヤメられないとまらない。
ぐれぞーさん

仕事が終わって帰宅して、一段落した夜にふっと食べたくなります。フツーのコンテとは全然違います。味に熟成されたグルタミン酸の旨味とコク、たまにアミノ酸が結晶化したトコがジャリッとしたり、微妙な味と歯応えのバランスも絶妙です。ああ、すっごい旨いカルシウム摂ってるな???て感じ^^。小さく切って少量ずつ食べるのですが、大体お代わりを切りにもう一度出したりして、あっという間になくなります...次のお願いしないと...(汗)

フィリップ・アレオス熟成エポワスAOPウォッシュタイプ

エポワスAOP
『エポワスAOP』とは?
ウォッシュタイプチーズの最高峰であり、「ウォッシュチーズの王様」とまで称されています。
ワインの名産地として有名なブルゴーニュの有名な地酒「マール・ド・ブルゴーニュ」の搾りかすから作られた蒸留酒でチーズの表皮を洗います。強めの酒で洗われることで表皮からネットリと熟成されていくのです。
表皮は独特な風味を持っていますが、そこに隠された中身は、ミルクの甘みが感じられるクリーミーな味わいで、スプーンですくえるほどの柔らかさ。
そのギャップに魅了される方が多数いらっしゃる、まさに“ツウ向け”のチーズであり、昨今特に人気が高まってきています。
巨匠の手による完璧な熟成
アレオス氏が熟成を行ったエポワスは、すでにしっかりと熟成が進んでいるため、蓋を開けた瞬間から、辺りにはエポワス独特の芳醇な香りが漂ってきます。
口に入れた瞬間、お酒の風味がフワリと広がり、長い余韻とともにチーズ全体を包みこみます。滑らかなチーズが舌の上でスーッと溶けていくと、お酒の風味の後から塩味が追いかけてきて、強いコクが感じられる、深みのある味わいへと変化していきます。

普通のエポワスに感じられるような強烈なインパクトはすっかり鳴りを潜め、やわらかいミルクの風味と、まろやかで繊細な味わいに圧倒されます。
一口食べただけで、このチーズの持つ繊細な味わいを余すことなく感じられ、世界最高の熟成の技を感じ取ることができるでしょう。

これまで食べたどのウォッシュチーズよりもおいしい、まさに最高の感動を味わえる逸品です。
贅沢なひととき
ぐれねこさん

少しずつ大切に食べていましたが、濃厚なコクと芳醇な香りにつられてあっという間に食べきってしまいました。疲れやストレスがたまった時にはエポワスでリフレッシュ!すごいチーズですね。

まいりました・・・
まきまきさん

自分の誕生日に友達が取り寄せてくれたのがこちらの「P・アレオス熟成 エポワス」です。2月が誕生月でしたが、3月までまった甲斐が本当にありました。箱を開けた瞬間、つやつや輝くチーズがあらわれ、常温になるまでなんとか待ってようやく一口。凄い。濃厚な味わいが口の中に広がり、さすがチーズの王様、主張がガッときますが、やさしい味わいもすぐに追ってきて、飲み込んだあとは素晴らしい香りが鼻を抜けていきます。小学生の娘も「おいしい!」とどんどんスプーンですくってしまうので、これじゃあすぐに無くなってしまいそう。そして会社で仕事している時にもずっとエポワスの事を考えちゃうくらい忘れられない味。また絶対オーダーします!

フィリップ・アレオス熟成カマンベール・ド・ノルマンディーAOP白カビタイプ

カマンベール・ド・ノルマンディーAOP
世界で一番有名なチーズ
もはや“世界で一番有名なチーズ”ともいえるのが「カマンベール」でしょう。まろやかな味わいは世界中で愛されるようになり、今や世界各地で生産されるようになってきました。しかし、正真正銘のカマンベールとは、フランスのノルマンディー地方で生産されて、AOP認定されているこの『カマンベール・ド・ノルマンディーAOP』だけなのです。その気候や風土が作り出す独特の美味しさ、プライドを持って古くからの製法を守り続けている生産者、どちらが欠けても本物のカマンベールとは言えないのです。
究極のカマンベール
もう普通のカマンベールAOPは戻れないかもしれないほど強烈な印象を残してくれるのが、アレオス氏が熟成した“究極のカマンベール”です。
この一品がお手元に届いたら、何はともあれ、真っ先にご確認いただきたいのが“弾力”です。 チーズを手の平に乗せて、親指の腹でゆっくりとチーズを回しながら押さえ、チーズの弾力とその均一さを感じてみてください。指先にチーズの程よい弾力が感じられ、チーズ全体が驚くほど均一に熟成されているのが分かります。
巨匠が手がけた本物の味わい
味わいは、驚くほどにまろやか。AOPならではの無殺菌乳の濃厚なミルクの味わいを残しつつ、程よい塩味、そして長い余韻を感じさせます。チーズ全体が見事に調和していて、「ちょっとキツめで塩味も強い」という『カマンベール・ド・ノルマンディーAOP』の印象を覆すほどのおいしさです。
召し上がる際は、ぜひ白カビの表皮の部分もお召し上がりください。このカマンベールに関しては、決して強すぎず、生地の旨みに複雑な風味をプラスする役割を果たしています。
さすがカマンベール大使...
ゆきなさん

柔らかくしっとりとしながらも弾力がある感触にとても感激しました。均一でなめらかな断面の通り口の中で柔らかく広がるチーズ。。表皮のサクサク感がたまりません。口にした時鼻腔に広がるのは少々強めの野性味のある芳ばしい香り(私は大好き!)ですが、舌で感じるのは甘味!さすがカマンベール大使。。これより先にアレオス氏熟成トリュフ入りカマンベールを先に食べてしまったので『後からプレーンタイプを食べて、満足できるかな』と少々心配しましたが、これがなんと全く別物!これこそ熟成士の実力の骨頂と本当に驚きました。オススメ通りにリンゴシードルと一緒にゆっくり食べていたら時間とともにチーズが変化してきました。香ばしさも最初は干し草を連想しましたが、チーズが柔らかくなるとハーブっぽくなってきてまるでチーズが生きていて息を始めたみたい。チーズ通の方が好むのが分かります!カマンベール大使、恐るべし。。。

カマンベール!
S.Yさん

アレオスさんとロドルフさんのチーズを頂きました!特にカマンベールなんですが、今までのカマンベールは本当にチーズだったの?というくらいの衝撃で、濃厚でこっくりとしていて美味しかったです。ルブロションは食べやすいのか、子供もパクパク食べていました。上の子の好き嫌いが非常に激しいんですが、チーズは大好きで、ちょこちょこつまんでいたら、あっという間になくなりそうです!シェーブルチーズは、実は私は苦手です…。ですが母が大好きなので、持って行ったら大変喜んでいました!

フィリップ・アレオス熟成サンマルスラン・アフィネ白カビタイプ

サンマルスラン・アフィネ
とろけだすほどのクリーミーな熟成感!
白カビチーズの中でも、表皮・風味ともに比較的おだやかな印象の「サンマルスラン」。表皮もうすく、白カビ独特の刺激的な香りも少ないため、たいへん食べやすいチーズとなっています。さらに熟成が進むことで、室温に戻した時にクリーミーでやわらかな質感を持つように!「アフィネ」とは、フランス語で“熟成”の意味。その名にふさわしく、ぜひ熟成によって高められたチーズの味わいです。
“チーズ熟成士の巨匠”こと「フィリップ・アレオス氏」が熟成させた『サンマルスラン・アフィネ』は、なめらかな質感とほどよい塩気のある仕上がり。
さすがの熟成感で、おだやかながら深みのある味わいをお楽しみいただけます。
フルーティーな赤ワインとともに…
冷蔵庫から出して、軽く室温においた状態ですと、チーズのむっちりとしたような質感が残った状態でお楽しみいただけます。ですがせっかくの熟成感を最大限にお楽しみいただくのでしたら、ぜひ充分に室温に戻してからお召し上がりください。
なめらかでクリーミーなチーズを、スプーンですくいとったら、バゲットやクラッカーなどをお供にどうぞ。ミルクの旨みと甘み、そこに加わる塩加減はまさに絶妙。ついつい食べる手が止まらなくなってしまうでしょう。ワインを合わせるのなら、渋みの少ないフルーティーな赤ワインが最適と、アレオス氏からもオススメをいただいております。ぜひお楽しみくださいませ。
サンマルスラン・アフィネ アレオス熟成
ちーず依存症さん

写真を見る限り、小ぶりで餅のように手づかみでぱくぱくっとあっという間に食べれそうに見えたんですよね。ところがとっても濃厚でとろっとろでクリーミーでクラッカーやバゲットに少し塗っただけでもその存在感は十分でした。表皮が薄く食べやすいし、ピリッとしていて味のアクセントになってる感じ。食べた後鼻から抜けるミルクの香りも良いですね。他のと違ってアンモニアっぽい臭いは全然しなかった、初めての香りでした。やはりアレオス熟成だからなんでしょうかね?こんな白カビは初めて食べました。ハマりそうです。

濃厚!
N.Aさん

ほんととろとろで濃厚で美味しい!こちらは、夫も美味しいと言っていました。これはほんのちょっとずつ味わって食べないと…。くせがないので、乳製品嫌いの母にも今度ちょっと出してみようかな?と思いました。

フィリップ・アレオス熟成ミステール・ダンベール青カビタイプ

ミステール・ダンベール
ベースはフルムダンベールAOP
フランス中部の山岳地帯オーヴェルニュの、良質な牛のミルクから作られる青カビチーズ「フルム・ダンベール」は“高貴なブルーチーズ”とも呼ばれる人気チーズです。
しっとりとなめらかな舌触りで、へーゼルナッツのような香ばしい芳香が特徴のチーズです。青カビはしっかりと入っていますが、辛さや刺激が少なくやさしい味わいです。青カビ独特の風味はしっかりと感じられますので、青カビチーズに慣れていない方も食べ慣れた方にもご満足いただける味わいでしょう。
不思議な魅力『ミステール・ダンベール』
そんなフルムダンベールに、アレオス氏が魔法を掛けたのがこの『ミステール・ダンベール』です。
まさにチーズ熟成士の凄みが伝わってくるような逸品で、熟成の醍醐味と感動を味わっていただけることでしょう。 名前の由来も“ミステール(=フランス語で「謎」)”の通り、レシピは決して明かされることはありません。紙に書くのも禁じられているのだとか!
入荷は毎回ごく少量のみ。滅多に確保できない入手困難な“幻のチーズ”です。
秘伝のレシピから生まれる素晴らしい味わい
もともとは「刺激の強い青カビが苦手だった女性のお客様のために、何かおいしいブルーチーズの一品を開発したい」と、お父さまと一緒に試行錯誤されたのだとか。
フルムダンベールの層に挟まれた「ミステール」の部分は、その名の通り「謎」であり、この秘密の層に何が隠されているのかは、アレオス氏とご家族のみが知る秘伝のレシピで作られています。よく見ると、砕いたくるみと3種のレーズン、そして最後の一品が“秘密”なのです。

味わいはクリーミーで、ミルクのコクが感じられる滑らかな舌触りです。ふんわりと青カビの風味と塩気が程良く感じられ、噛みしめるたびに、ミステールの層からザクザクっとクルミやレーズンの楽しい歯ごたえが感じられ、香ばしさとフルーティーな甘みが口いっぱいに広がります。

こんなにたくさんの味わいを混ぜていながら、最後に残る印象はスウィーツを食べた時のようなスッキリとした後味。塩気と甘みの対比的マリアージュが味わえるバランスの良い逸品です。
美味しさに撃沈です!
美柑さん

アレオス氏の「ミステール・ダンベール」をいただきました。友人を呼んで4人でいただきましたが、4人共口に入れた瞬間「・・・・」。
その後で「ほ~ぉっ」と溜息。美味しすぎます。主人はブルーチーズをそのままで食べるのが苦手で、今回も渋っていたのです。しか~し、バケットにチーズを乗せてその上にハチミツを少し垂らしたのを「騙されたと思って食べてみて」と渡すと、口に入れた後「これ、美味しい」と感激してました。アレオス氏のチーズ以外は食べれないとまで言ってました。まだ、半分残ってるので大事にいただきます。 至福の時間を作ってくれたアレオス氏に感謝です。

そして、<スペシャル>セットのみに入る、今期最終便となります
【フィリップ・アレオス熟成】モンドールAOPがこちらです。

\今季最終便! 絶品モンドールの食べ納めに!/
スペシャルセットのみ入ります!
フィリップ・アレオス熟成 モンドールAOP
『モンドールAOP』が"幻"と言われる理由とは?
フィリップ・アレオス熟成 モンドールAOP 秋の訪れとともに入荷になる『モンドールAOP』は、チーズファンの中で大人気の秋冬限定チーズです。 モンドールは表皮を洗いながら熟成させた“ウォッシュタイプ”のチーズに分類されます。

ウォッシュタイプのチーズは、やや癖があることから好みが分かれますが、この“モンドール”だけは、普段苦手な方をも魅了する味わいです。

このチーズは、秋から冬、正確には「8月15日~3月15日」の期間にのみ生産される“季節限定のチーズ”で、入手困難な一品としてチーズファンの間で有名でした。
今でこそ、生産時期がやってくれば何とか入手できるようになりましたが、十数年前までは日本への輸入自体が禁止されていたため、チーズファンの間では“幻のチーズ”と言われていたのです。しかし、ヨーロッパではチーズ作りが縮小傾向にある今、また幻と言われることになるかもしれません。
チーズ通をうならせる深い味わい。濃厚なチーズの余韻が絶品!
アレオス氏が熟成を手掛けるモンドールの最大の魅力は、“濃厚さ”と、食べるごとに表情を変える“複雑さ”でしょう。 アレオス氏直伝のサーブ方法で、時間をかけて楽しむモンドールの味わいは、ほんのわずか口に含むだけで、普通のモンドールとの圧倒的な違いが感じられるのです!

舌の上でするりととろけていく瞬間、モンドール独特の「エピセア」の風味が程よく香り、同時にミルクの優しい味わいがフワッと広がります。

しかし、アレオス氏のモンドールの本当のすごさはここから。
その後から感じられるミルクの余韻が力強く、しっかり濃厚でコクのあるミルクの味わいがどーんと押し寄せて、体全体に広がっていくような感動がもたらされるのです!

鼻に抜けるエピセアの香りと、その力強い余韻がいつまでも続くような心地よい後味は、さすが“チーズ熟成士の巨匠”と呼ばれる方の職人技ですね。

アレオス氏は、常に“生きているチーズを扱っている”ことを理解し、こだわりをもって熟成を行なっています。熟成による変化を五感で感じ取り、チーズの声に耳を傾けながら、丁寧に熟成を進めていくのが、アレオス氏のスタイルです。それを最も実感できるのは、熟成モンドールでしょう。
間違いなくおいしかったです。
81 さん

アレオス氏のモンドールは今回で3年連続です。今年はお遣い物にも一つ注文したのですが、先方より『あまりにおいしかったので適当なワインと合わせるのはもったいなくなり、秘蔵のブルゴーニュワインを開けてしまった』とお礼の連絡をいただきました。ご夫婦で食べ物の品質には厳しい方ですので喜んでいただけたことがうれしかったのはもちろんのこと、アレオス氏の丁寧な仕事ぶりの素晴らしさを再認識しました。また、自宅に届いた方は友人の集まりに持参しましたが日頃ナチュラルチーズを食べなれない人は初めこそ表皮の毛足に若干引いていましたが(笑)皆おいしさに驚いた様子で(一緒に届いたアレオス氏の青かびなども)用意した分はあっさり完食。大いに盛り上がりました。また是非購入したいと思っています。注文の際対応してくださったスタッフさんもご親切にありがとうございました。

最高!
neuro1000

もともと「モンドール」が大好きでレストランでもよく食べていました。御社で取り扱われる「モンドール」は、ムニエ氏の物も絶品ですが、私個人としては「アレオス氏の作品(あえて作品といわせてもらいます)」が1番です。味わう人のタイミングに合わせ熟成された、その1品は生産者の心意気さえ感じさせられます。ある意味で、このモンドールの味を知ってしまうと不幸かもしれません。ナゼ?もう他のモンドールが食べられなくなるからです。あるホテルのGM曰く「今まで食べた中で最高のモンドールですね。」 ミシュラン1つ★レストランのマネージャー曰く「このタイミングでこの熟成感。恐れ入りますの一言です。」

フィリップ・アレオス熟成 モンドールAOP

■今年度の総集編だから、お値段も魅力的!

どれもこれもが、主役級のチーズばかり!

しかも、ここ1年でお客さまからもっともご好評をいただきましたトップ5のチーズです!

アレオスチーズ ランキング
セット内容はこちら!

ハードチーズの傑作、堂々1位!
深い味わい。噛みしめるたびに感動

コンテAOP
18ヶ月熟成

約150g

後戻り不可能?!
エポワスの常識を覆す禁断の逸品

エポワスAOP

約250g

“カマンベール大使”アレオス氏の傑作。
これを食べなきゃ始まりません。

カマンベール・ド・
ノルマンディーAOP

クリーミーな熟成感が絶品。
小ぶりでも存在感抜群、なめらかで濃厚

サンマルスラン・
アフィネ

約80g

アレオス家秘伝のオリジナルチーズ。
レシピはベールに包まれている謎多きチーズ

ミステール・
ダンベール

約100g

冬季なら断トツのナンバーワン!
濃厚なチーズの余韻が絶品

モンドールAOP

約450g

※各チーズの重量は熟成により多少前後します。

全国各地のチーズファンの皆さまが選んだチーズですから、 そのレベルの高さもご期待いただけるのではないでしょうか♪

そして内容の次に気になるお値段はこちらです!

アレオスチーズランキングべスト5 <2020>
販売価格はこちら!

1セット<スペシャル>
(1~5位+モンドール付き 計6点)

20,950
17,950
【送料無料】

1セット (1~5位 計5点)

14,950
12,950
【送料無料】
商品レビューレビューを投稿
<全国一律>
クール便900円(税抜)
常温便650円(税抜) となります。
おすすめ商品
閲覧履歴
New icon02 0
カート
×

現在カート内に商品はございません。

小計 ( 0 点): ¥0
レジに進む

カテゴリ一覧

ページトップへ