【人気ワード】お試しセット / 送料無料 / モンドール / ラクレット / チーズフォンデュ / ゴルゴンゾーラ / お歳暮ギフト / チーズケーキ / パンケーキ / グラノーラ
最短発送案内 12/06(火)AM9:30までにご注文頂くと12/08(木)に発送可能です。(発送日指定品以外)【発送日:火・木・金(休業日除く)】
【臨時休業のお知らせ】
12/7(水)の午後は、社内研修のため誠に勝手ながら臨時休業とさせて頂きます。
問い合わせ・受注のご連絡は、8日以降順次ご対応させて頂きます。何卒ご了承下さいませ。なお、ご注文は24時間365日承っております。
モンドール【今なら年内OK!】
TVで話題 数量限定です


はじめてセット

ただいま開催中

売上ランキング

当店のオススメ

お歳暮特集アレオストリュフ特集

お得なセット

チーズ

便利な冷凍チーズ

定番チーズ

チーズ器具・雑貨

プレミアムチーズ

熟成士チーズ

直輸入限定品

最高級頒布会

ワイン・酒類

世界のグルメ食材

グルメ食材・惣菜

調味料・香辛料

バター・ジャム・スプレッド

スイーツ・菓子

レストランお取り寄せ

お客様の声

営業日のご案内

トップページ > ロドルフ・ムニエ MOF熟成 モンドール

【こちらはロドルフ熟成士のモンドールページです】

3大熟成士のモンドールご予約は下記ページへ!
↓↓↓


ロドルフ氏熟成モンドール
今すぐご注文の方はこちら!

秋冬にのみ製造することが許される“季節限定チーズ”である『モンドールAOP』。

今年も例年以上のご注文をいただくなど、年々人気が上昇しておりますモンドールは、2月のご案内分をもちまして今シーズンの受付を“終了”とさせていただきましたが…。

本日より、ロドルフ氏熟成のモンドールを、【数量限定】でご予約いただけることになりました!

ただし、ご用意できた数量は【限定20個】のみ。

あっという間に完売となることは間違いないでしょう。
今回の受付分が完売しますと、次にお求めいただけますのは“次の秋以降”となりますので、ぜひこのラストチャンスをお見逃しのないようにお願いいたします!

★『ロドルフ・ムニエ熟成 モンドールAOP』

今すぐご注文の方はこちら!

どちらのモンドールも、甲乙つけることなどできないほどに、それぞれが異なる個性をもち、豊かな味わいをみせてくれますので、ご一緒に“食べ比べ”をお楽しみいただくのも素敵ですね♪

▼『モンドールAOP』とは?
●『モンドールAOP』が“幻”と言われる理由
イメージ

秋の訪れとともに、入荷になる『モンドールAOP』は、チーズファンの中で大人気の秋冬限定チーズです。

モンドールは、秋から冬、正確には「8月15日~3月15日」の期間にのみ生産される“季節限定のチーズ”で、入手困難な一品としてチーズファンの間で有名です。

今でこそ、生産時期がやってくれば何とか入手できるようになりましたが、十数年前までは日本への輸入自体が禁止されていたため、チーズファンの間では“幻のチーズ”と言われていたのです。しかし、ヨーロッパではチーズ作りが縮小傾向にある今、また幻と言われることになるかもしれません。

●『モンドールAOP』ってどんなチーズ?
イメージ

かぐわしい豊かな木の香り(エピセアの香り)に包まれたモンドールは、木箱に入ったまま入荷されます。木箱から取り出したりせず、中身のモンドールをすくって食べるタイプのチーズです。

ミルクの優しくも豊かな旨みを持ち、芳醇でなめらかな口あたりです。焼いてチーズフォンデュのように味わうのも楽しみ方の一つです。

※モンドールは、製造される時期や気候により、チーズの柔らかさや熟成具合が異なります。それにより、重量に個体差が出たり、写真のようなとろりとした柔らかい状態でお届けできな場合もございます。あらかじめご了承ください。

モンドールは表皮を洗いながら熟成させた“ウォッシュタイプ”のチーズに分類されます。

「ウォッシュタイプはクセがあって苦手で…」といったお声の中にも、
「でもモンドールだけは別!」という方も多数いらっしゃるほど、その味わいはまろやかで“魅惑的”な一度食べれば忘れられない季節限定チーズです!

もちろん上記で説明させていただいたのは、ほんの一端です。
チーズは熟成した人が違えば、味わいも変わるのが面白いところ。

『モンドールAOP』も、その例外ではありません。

それが世界中にたくさんのファンを持ち、世界有数の技術を持つアレオス&ロドルフ両熟成士が手がけたものとなれば、それぞれの味わいは全く異なってくるんです!

★『フィリップ・アレオス熟成 モンドールAOP』
「9月28日」発売の『Oggi(オッジ)11月号』でロドルフ熟成のモンドールが紹介されております♪

MOF熟成士「ロドルフ・ムニエ氏」熟成の『モンドールAOP』。
日本中の多くの人々を魅了し、“ロドルフファン”は増加の一途をたどっています。


昨年は超有名誌『Oggi(オッジ)』の「お取り寄せ特集」にて、ロドルフ熟成のモンドールが掲載されるなど、大きな反響をいただいておりましたので、今年もロドルフ氏のモンドールは早々に完売してしまう可能性が少なくありませんよ!

▼チーズ熟成士「ロドルフ・ムニエ氏」とは?
◆チーズ熟成士「ロドルフ・ムニエ氏」について

ロドルフ・ムニエ氏は、祖父の代から、親子3代にわたってチーズ作り・熟成に携わり、現在、緑が広がり自然が多く残るトゥーレーヌに工房を構えています。

数多くのコンクールで功績を残し、2007年1月にフランスに開催された 「カゼウス・アワード(国際フロマジュリーコンクール)」では、見事優勝を果たしました。さらに同年の「MOFコンクール」では、決勝戦を制し、フランス最高峰の熟成士として認めらる存在となりました。

ピアノや音楽を愛する彼の、芸術的な感性から作られる、上品で洗練された熟成チーズは、プロからも高い評価を受け、ミシュランの星付きレストランにも選ばれています。MOFの頂点に立ったことで、さらに注目を浴びることは確実で、今後もより一層の飛躍を期待されている若きMOFチーズ職人です。

▼ロドルフ氏の元を訪ねた際の探訪記もあわせてどうぞ!
四方店長が行く!ロドルフ・ムニエ工房探訪記

コンテストに優勝するだけではなく、栄誉ある「MOF(国家最優秀職人)」という称号をもつ、チーズ業界の中でも国宝級の職人さんです。

彼が熟成したチーズは、ミシュランの三ツ星レストランでも扱われているほどで、チーズの本場フランスでも、さらには海外の三ツ星レストランからも、その優れた技術が認められている方なのです!

※ロドルフ氏が現地TVで取材を受けた時の映像を氏よりご紹介いただきました~!!


▲動画からは音が出ますのでご注意ください
▼ロドルフ氏熟成の『モンドール』の魅力
▼『モンドール』の魅力
ロドルフ氏『モンドール』 ●濃厚かつ奥深い…。感動できるほどの<味わい>

木箱を開け、上の皮部分をペロリとめくると、フワッと香るナッツのような自然木の香りが、モンドールの優雅さを再確認させてくれます。

スプーンですくうと、適度な重みとともに、そのツヤと色合いにウットリしてしまうほどです。

口の中では、滑らかなチーズが、そのミルクの甘み・コク、そしてやわらか~い香りとともに、ス~ッと染みわたるように広がっていきます。上品でありながら、どこか力強さも感じられるのは、さすがは熟成士チーズならでは。他のどのチーズでも味わうことのできない、季節限定の"感動体験"をじっくりとお楽しみいただけます♪

彼が熟成したチーズは"芸術品"とまで言われるほど。

ロドルフ氏『モンドール』 若くして、しっかりとした志と誇りを持っており、チーズに対する愛情は溢れんばかり。丁寧な仕事ぶりは世界中のチーズファンから高い評価を受けているのです。

彼のメールやビデオレターを見ると、気さくで飾らない人柄がうかがえます。でも、それ以上に、彼の熟成したチーズを食べることが、最もロドルフ氏のことを理解できる早道でしょう。

ぜひ皆さまも、若手の実力派熟成士ロドルフ氏の、卓越したテクニックの真髄を味わってみてください♪


ロドルフファンの方々からは、このようなお声が届いております!

『ロドルフ熟成 モンドールAOP』

ロドルフ モンドールに感動!「PINK&GRI さん」より
いつも美味しいチーズをありがとうございます。
家族が二人なのでなかなかいつも、というわけにはいきませんが、モンドールだけは!絶対はずしません!!
デパートなどで買うより格段に品質が違うからです!!今年はイタリアのボジョレー「Novello」(ノッベーロ)というワインと一緒に頂きました。
もちろんフランスワインと一緒、が定番なのかもですが、少し癖のあるモンドールを思い切り、たーっぷり頂きたいときには軽めのワインも合いますよ☆モンドールでは当たり前、かもしれませんが最初はかの有名な「Paul」の胚芽系バゲットにたっぷりつけて☆そして残りは白ワインで伸ばし、ジャガイモを入れてグラタンに。
驚くことにうちのネコちゃんがほしがって大興奮でした!ネコまっしぐら(?)のこのチーズ、ぜひ来年もお願いします!!

『ロドルフ熟成 モンドールAOP』

天才熟成士のチーズ・初体験★「sakura さん」より
3月に「天才熟成士 ロドルフ・ムニエ氏のモンドール」を注文しました。
オーダーチーズさんでは初めてのお買い物でしたが、商品説明がきちんとされていて、とても安心感があります。
そして、お待ちかねのモンドールが予定通りの日に到着し、「その日(お味見)」をわくわくしながら待ちました。

お気に入りのパン屋さんのバゲット、付け合せの野菜、ワインを用意し、まずは「生モンドール」でいただき、半分位になったところで「焼きモンドール」にしてフォンデュ風に。お味はまろやかでクリーミー!!
インパクトが強いわけではなく、むしろ味覚への刺激は弱いと思うのですが、余韻に浸っていたいというか・・・上手く表現できませんが、何とも、やさしい風味が口の中に広がるチーズですね。
「焼き」にすると、よりコクと風味が増し、もういくらでもいただけます。個人的には「焼き」がオススメ★
チーズの知らない世界に、また一歩踏み入れてしまったような感じです。

実は、この「スペシャルモンドール」到着に合わせて、少し前に「普通のモンドール」を高級スーパーマーケットで購入し、いただいてみました。
(食べ比べです!)「生」「焼き」といただき方は同様でしたが、天才熟成士のモンドールに軍配が上がりました。
もう少しお値段を何とかしていただけると、お財布に嬉しいのですが・・・まぁ納得の結果となりました。
また、来シーズンを楽しみにしております!!

『ロドルフ熟成 モンドールAOP』

ロドルフさんのモンドール「はな さん」より
こんなに高級なチーズをいきなり購入するのは勇気がいりましたが、とても満足してます。
毎度においの強いものがダメな夫が「これ結構くさくないねー(!!失礼なっ)おいしいじゃん」とパンにつけて食べてました。
残った分は焼きモンドールにしました。少々早く帰宅した私が焼き野菜やパンですくっては食べている内になくなっちゃいました。
すまぬの~と思いながら夫には黙って別のおかずを・・・(笑)毎回は無理ですが年に1度ぐらいは贅沢したいです。

『ロドルフ熟成 モンドールAOP』

全然違う!「モンドール ラブ さん」より
以前からモンドールは大好きでシーズンのたびに購入させていただいていて、今まではその味に満足していたのですが、ロドルフ・ムニエ氏のモンドールをいただいてしまったら、「全然違う~」と思わず発狂してしまうほど。
そのクリーミーさと繊細だけど味わい深い…と、言葉では表現しきれないほどのおいしさ。
一言でいうと「感動」が正しい表現かと。
次回販売、夢に見るほど心待ちにしてます!

当店スタッフによる今年の初モンドールの試食会では、このような意見がでました!

■エピセアの香りはほんのりやさしい感じですね。
■すっごくとろ~りクリーミー!
■クリーミーって言葉がものすごくぴったり!
  とろ~りとしておいしいチーズが口の中で波打つみたい!

■やさしい味わい。思わずホッとするモンドールですね。

今年のロドルフ氏の初モンドールは、アレオス氏のものと比較すると穏やかで、とても日本人好みの味わいでした。

とろ~りとなめらかな口当たりでクリーミー!穏やかな中にもミルクのやさしさが感じられ、チーズ初心者さんにもオススメできる上品な味わいに仕上がっていました♪

初めてモンドールをお試しいただく方には、ロドルフ氏のモンドールをオススメしたいですね。もちろんチーズ通の皆さまも、アレオス氏のモンドールとは全く違った柔らかな味わいをぜひご堪能くださいませ♪

もっとおいしく食べるために!<オススメの食べ方>

せっかくの希少なモンドールをお召し上がりいただくのですから、“最もおいしく食べられる方法”をお試しください♪
「待ちに待ったモンドールが、ようやく届いた!」というその日、すぐに味わいたいと思われることでしょう。

でも、ちょっとだけお待ちください!!

最高のチーズを、最大限おいしくお召し上がりいただくための重要な“ポイント”があるんです!

『モンドール』をおいしくお召し上がりいただくポイント!
<その1> 常温でしばらく置いておくこと!
待ちに待ったモンドールですが、冷え切った状態のまま食べるのはNGです!

■「食べる30分~1時間ほど前から、常温に置いておく」

これが、最大のポイントでございます♪
こうすることで、より香りがひらき、まさに“食べ頃”のモンドールへと変身いたします。
<その2> カットの方法にもご注意ください!
食べ頃の温度になったモンドールの蓋を開けてみると、白っぽい外皮で覆われています。 このチーズをおいしくいただくためには、カット方法にも重要なポイントがあります。

■「木箱から出さず、ナイフで上部を丸くカットすること」

カットした部分をめくると、旨みたっぷりのモンドールが現れますので、スプーンですくってお召し上がりください。

イメージ
ここでご注意いただきたいのは、カットした表皮の扱いです。
思わず捨ててしまいそうになりますが、これは必ず残しておいてください。
モンドールは「約400g~500g」というたっぷりサイズですので、1回で食べきれず、残ってしまう可能性もあります。そんな時、丸くあけた穴の部分に外皮を戻して"フタ代わり"に被せて保管するんです!
こうすると、次に食べる時もおいしい状態のままでお召し上がりいただけるんですよ♪
●食べ方アレンジ 「焼きモンドール」もお試しあれ♪
そのままスプーンですくって食べるのが最もオススメの食べ方。お好みでクラッカーに添えたり、パンにあわせるのもいいですね。

でも、もし余ってしまったら、焼きモンドールに挑戦してみませんか?
焼いて"フォンデュ風"に味わうのがツウな食べ方です♪

●焼きモンドールの作り方
モンドール 半分くらい残ったモンドールを使います。
木箱は燃えないようにアルミ箔でくるみ、少量の白ワインとたっぷりのパン粉を振りかけて、オーブンで20分程度。
オーブンから漂う香り、UP。
濃厚な味わい、さらにUP♪
出来上がりは、こんな感じにこんがりとします♪

じゃがいもやブロッコリーを用意して「フォンデュ風」にお召し上がりくださいね。ちょっとひと手間必要ですが、ヤミツキになっちゃうおいしさですよ~♪

寒くなってくるとコタツとみかんが恋しくなるように、チーズファンはモンドールが恋しくなってくるものですよね。

毎年楽しみにされている方も、今年初めてお試しいただく方も、“究極のモンドール”をご堪能くださいませ!

『モンドールAOP MOFスペシャリテ ロドルフ・ムニエ熟成』
『モンドールAOP MOFスペシャリテ ロドルフ・ムニエ熟成』

■重 量
:約450g(1個)※熟成により多少重量が増減します
■原産国
:フランス
■原産地方
:フランシュ・コンテ地方
■原材料
:生乳、食塩
■タイプ
:ウォッシュタイプ 【要冷蔵】
感想を投稿 冷蔵でお届けします
※同梱可能な便種についてはこちら!

●最高の熟成士による“世界最高峰のモンドール”
冬になると登場してくる季節限定のチーズ『モンドールAOC』。フランスとスイスの国境近くにある「モンドール(黄金の山)」一帯で作られているウォッシュタイプのチーズです。製造期間は「8月15日~3月15日まで」、熟成期間を考えると出荷は早くても「9月下旬から」と、“旬”を感 じられるチーズとして、日本でも注目を集めています。
数々のコンクールで受賞を重ね、2007年の「MOF(フランス国家最優秀職人)コンクール」において、フランス最高峰まで登りつめた天才熟成士ロドルフ・ムニエル氏が熟成を行ったものが、この『モンドールAOC MOFスペシャリテ ロドルフ・ムニエ熟成』です。

●丹念に熟成させた“芸術品”!
丹念に時間をかけ、彼の繊細な技術によって最高の状態=「食べごろ」へと変化をとげたモンドールは、まさに芸術品。かぐわしい豊かな木の香り(エピセアの香り)に包まれたモンドールにナイフをいれ、トロトロとしたバターのような中身をすくって味わってみれば、その素晴らしさを即座に感じていただけます。
じんわりと口の中で広がるミルクの旨みと香り、そして余韻が一体となり調和している、そんな印象を持たれることでしょう。普通のモンドールも十分においしいものですが、彼が熟成を行うことによって“包み込むようなまろやかさ”がプラスされ、新しい味わいが生まれているのです。

フランス国内では、彼の熟成するチーズが、ミシュランの星付きレストランで提供されるなど、高い評価を受けているのも当然のことだと言えるでしょう。

●高価ながら、それだけの価値はアリ!
もともと、サイズが大きめのモンドールですから、フランスのMOF、中でもその最高峰に登りつめたロドルフ・ムニエル氏の熟成のものとなると、さすがにお値段も高価となってしまいます。しかし、モンドール自体が期間外の製造が禁じられていることもあり、ロドルフ熟成のものはフランス国内でも手に入れることが困難な、非常に貴重なものなのです。

まさに“世界最高峰のモンドール”ですので、ぜひこの機会に、その素晴らしい味わいをご堪能ください。

ご注意ください!
※表皮は蓋のように切り開き、取り除いてからお召し上がりください。
※チーズの外周(木枠付近)に見える黒~茶色の部分は、エピセアの樹皮です。内側のチーズのみお召し上がりください。
季節の違いや熟成とともに表皮が赤く色付く場合、オレンジ~黄色のカビが表皮に生える場合がございますが、品質に問題ございません。安心してお召し上がりいただけます。
※エピセアの樹皮でチーズを縛ったものが木箱に入れられ、パッケージ包装がなされます。その際、パッケージの天面に表皮があたり、赤くなる場合がございますが、品質に問題ございません。安心してお召し上がりいただけます。
※熟成チーズは季節や熟成具合により個体差がございます。特にモンドールはその年のミルクに大きく左右されますため、表皮の形や色が写真の見た目とは多少異なる場合がありますこと、予めご了承くださいませ。
『モンドールAOP MOFスペシャリテ ロドルフ・ムニエ熟成』の販売価格はこちら!

「1個」でのお求めなら…

clear c 円(税抜)

「2個」でのお求めなら…

通常価格 c 円(税抜)のところ
3%off! clear c 円(税抜)

「3個」でのお求めなら…

通常価格 c 円(税抜)のところ
5%off! clear c 円(税抜)
▲3大熟成士のモンドールはこちら!▲



● 予定発送日よりも遅延となる可能性がございます

⇒ 「指定日必着」などのお約束はできかねますので、期日が決まったパーティーなどへのご利用はお控えください。

● ご予約期間終了後のキャンセル等は、承ることができません

⇒ 承ったご予約分のモンドールは、お客さまのためだけに両熟成士にに熟成を進めていただくため、キャンセル等は承ることができませんので、どうぞご注意ください。


この商品は【20個限定販売】とさせて頂きます

※販売期間中であっても、売り切れ次第完売とさせていただきます。

※ <ご注意ください!>
ロドルフ熟成士は、満足のいく熟成状態にチーズが熟成されないとフランスより出荷しないため、納品日が多少前後する可能性があります。想定よりも熟成が早く進むと早く到着しますし、仕上がりが遅いと、到着も遅れる可能性もあります。
発送日はあくまでも目安となります。

モンドールは、製造される時期や気候により、チーズの柔らかさや熟成具合が異なります。それにより、重量に個体差が出たり、写真のようなとろりとした柔らかい状態でお届けできない場合もございます。

※同時にご注文された商品の発送も、指定発送日に出荷となります

※上記期間中でも予定販売数が終了次第、ご注文を締め切らせていただきます。

※予約期間を過ぎてからの注文数の変更、キャンセルは一切承ることができませんのでお気を付けください。

※一部、予約商品等で発送日の指定がされている商品とは同時発送ができない商品がございます。

▲商品代金とは別に、送料が必要となります。

─────────────── あらかじめ、ご了承下さいませ。

メールマガジン「はいっ!チーズ♪」

耳よりチーズ&食材情報をいち早くお届け!新規ご購読の方にはもれなく300円OFFクーポンプレゼント♪






本店サービス
頒布会

チーズガイド

チーズレシピ

豊富なレシピが170以上!

チーズのおいしい店

チーズが楽しめるレストラン

チーズプラトー

気軽に楽しむプラトー

フランスAOPチーズコレクション

フランスAOP認定チーズ

チーズ塾

これでアナタもチーズ通!

チーズに関するQ&A

知っておきたいチーズの基本

ブランドで選ぶ

動画コンテンツ

「オーダーチーズTV」

チーズのご紹介を動画でご案内しています。
貴重なチーズ作りの風景をはじめ、インタビューも多数放映中♪


チーズ梱包スタッフ募集中!

ビンテージワイン専門店 オールドビンテージ・ドットコム
ビンテージワイン専門店
オールドビンテージ・ドットコム

ドナーの輪
当社運営の骨髄バンク支援サイト「ドナーの輪!

 

このページのトップへ




ショッピングインフォメーション

ご注文は24時間365日受付!営業時間11時~18時(土・日・祝日を除く)※メール返信及びお電話による対応は営業日時間内とさせていただいております。

お気軽にお問い合わせ下さい!
お問い合わせフォーム
株式会社 オーダーチーズ
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-15-9 内神田282ビル3F
Tel:03-5289-0732 Fax:03-5289-0734 Mail:info@order-cheese.com

営業日のご案内

お支払いは安心の<後払い>

  • 代金引換・クレジットカード
  • ご利用いただけるクレジットカード:VISA・master・JCB・amex・diners
  • 詳細はこちら

配送・送料について

  • <全国一律>
    クール便900円(税込972円)
    常温便650円(税込702円) となります。
  • ●商品合計15,000円(税込16,200円)以上お買上げで送料&代金引換手数料無料とさせて頂きます。

    ※同梱可能な便種の商品合計の場合に限ります。同梱不可の便種の場合、15,000円(税込16,200円)を上回りましても適用外となります。
  • 詳細はこちら

返品交換・キャンセルについて

  • ●不良品・誤納品対応:連絡の上、着払い返品後、速やかに良品と交換致します。但し 、お客様の都合による交換・返品は お受け出来ません。
  • ●返品期限・返品方法:納品日より7日以内にご連絡の上、返品願います。
  • ●返品・交換送料 弊社のミスに伴う費用は弊社負担。
  • 詳細はこちら