スペシャル特集 極上のチーズとグルメ食材をピックアップ
【人気ワード】お試しセット / 送料無料 / 冷凍モッツァレラ / ラクレット / シェーブル / トリュフ塩 / パンケーキ / グラノーラ
最短発送案内 今ご注文頂くと07/07(木)に発送可能です。(発送日指定品は除く)
はじめてセット


本店サービス

お取り扱い商品

オトクなセット

チーズ

大人気チーズ

便利な冷凍チーズ

定番チーズ

チーズのお供

ワイン・その他酒

その他

  • ラクレット

プレミアム熟成士チーズ

※月に一度のお取り寄せ

「チーズ熟成士の巨匠」フィリップ・アレオス

「天才MOF熟成士」ロドルフ・ムニエ

オリジナル商品

  • 究極のチーズケーキ@パルミ
  • 究極のチーズケーキ@マスカル

グルメ食材

生ハム

肉加工品

魚加工品

野菜加工品

パスタ・ブレッド

調味料・香辛料

フランス産発酵バター

オリーブオイル

バルサミコ

ソース・ペースト

ソルト・スパイス

贅沢なスイーツ

はちみつ

スプレッド

ジャム・ジュレ

お菓子

営業日のご案内


頒布会
【頒布会・最新作!】
<第1弾>受付スタート
トップページ > メゾン・ド・ラ・トリュフ特集 >黒トリュフ入りバター
トップページ > トリュフ特集 >黒トリュフ入りバター
『黒トリュフ入りバター』
ご注文はこちら
パリの老舗トリュフ専門店「メゾン・ド・ラ・トリュフ」最新作レストランの隠し味としても使われる“魅惑のバター”『黒トリュフ入りバター』
Pen NO.359 「すべて、世界の一流品。」で当店の『トリュフ入りバター』が紹介されました!
こんにちは、 四方@店長です。

日本には“ご飯のお供”がたくさんありますよね。
それと同様に、フランスやイタリアなどでは“パンのお供”のバリエーションが豊富です。

チーズだと、パンに塗るクリームタイプのものがありますし、香り高い本格派の発酵バターなどもパンには絶品ですね。 また、野菜のペースト、お肉のテリーヌやパテなどにしても、パンが主食となる食文化から生まれた美食でしょう。

そんな中で、私は最近、「トリュフ入りバター」というものに特にハマっています。

その名の通り、これは“トリュフが入ったバター”です。

本日はこの商品をご紹介したいと思いますが、その前に、私のお気に入りのお店についてご案内させてください。

そのお店は「メゾン・ド・ラ・トリュフ」といって、パリにあります。世界三大珍味の最高級トリュフの味を舌に覚えさせるためにも、出張などで出かけた際にはできるだけ立ち寄るようにしています。

パリのグルメの中心地である「マドレーヌ広場」、そしてパリの銀座と称される「シャンゼリゼ通り」という、パリで最も華やかな二つの地域に店を構えており、気品漂うおしゃれなお店は、フランス一のトリュフ専門店として、80年もの歴史を刻んできました。

▲フランス一のトリュフ専門店として、80年の歴史をもつ「メゾン・ド・ラ・トリュフ」

世界中のVIPがお忍びで訪れるレストランとしても知られていて、最近では「キャメロン・ディアス」や「アヴリル・ラヴィーン」といった今をときめく大スターたちが、同店から出てくる様子をマスコミに撮影されたりするようで…。

また、フランスで有名なミシュランに並ぶグルメガイド本「ゴーエミヨ」をはじめとする様々なグルメ専門誌にも取り上げられています。

それでは、まずはその「メゾン・ド・ラ・トリュフ」について少しご説明いたしましょう。

●「メゾン・ド・ラ・トリュフ」

▲トリュフオイルも準備されたテーブル ▲「トリュフリゾット」 ▲大きく身が引き締まったトリュフは香りがすごいんです。

▲トリュフと白身魚のカルパッチョ ▲ホタテのトリュフ焼き ▲トリュフ風味のサラダ
●「メゾン・ド・ラ・トリュフ」
▲フランスのメディアにも数多く登場しています
ゴージャスで、ちょっとセレブな大人のレストラン。
そんな印象のお店ですので、ここでは束の間の贅沢気分を味わうことができます。

お店は決して広くありませんが、店内はとても居心地がよく、ギャルソンの方たちもとても気さく。色んな説明をしてくれるので、とても勉強にもなります。高級レストランですが、あまり緊張せずに心地よく過ごせるんですよね。

こちらでは、ここで食事をしたお客さまが、他の方々ともこの感動を分かち合えるように…と、トリュフ入りのオリーブオイルや乾燥パスタ、丸ごとのトリュフなども販売しているところも面白いですね。 (もちろん、気軽には手を出せないほど高額ですが…)

▲「メゾン・ド・ラ・トリュフ」の店内で販売されている丸ごとのトリュフ
メゾン・ド・ラ・トリュフに行った際に、多くの方が友人への大切なプレゼントにと、悩みながら楽しそうに商品を選んでいたり、「大切な家族のために持ち帰るのだ」と、嬉しそうに食事とお買い物を済ませ、店を後にされる姿を数多く見かけました。

現地フランスでも、トリュフはそう簡単に口にできるものではありませんから。
しかし、日本ではそれ以上に馴染みがないでしょう。「トリュフの香りが…」といわれても、なかなかピンと来ない方が多いのではないでしょうか?


スイーツがお好きな方であれば、トリュフと聞くと、あの“丸く黒いチョコレート”を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

それも当然かもしれません。
日本のフレンチレストランなどで、トリュフを使った料理をオーダーしてみても、「これぞトリュフだ!」と思えるほど香りがしっかりしたものにはなかなか出会えないのです。

「トリュフを一度味わってみたい!」
「トリュフってどんな香りがするのだろう?」
「トリュフってそんなにおいしいの?」


そんな皆さまに本場の本物のトリュフを味わっていただくべく、当店でも数年前より、同店の『トリュフ入りオリーブオイル』や『トリュフ入りパルミジャーノチーズクリーム』を独自で輸入し、ご紹介してまいりました。

▲「トリュフ入りオリーブオイル」や「トリュフ入りパルミジャーノチーズクリーム」
こちらの商品はとても人気が高く、先日”伊勢丹新宿店”にて当店の輸入食材を限定販売させていただいた時も、堂々と特選エリアの中央で主役級の存在感を放っていました。

▲先日行った「伊勢丹新宿店」での販売でも主役級の存在感でした
パリの名店メゾン・ド・ラ・トリュフの逸品たちですから、しっかりとトリュフの風味が感じられ、オイルもチーズクリームも瓶の中に芳香を保っています。これであれば、本物のトリュフの味がお分かりいただけるでしょう。

店頭では試食販売もいたしましたが、目を見開くようにして、「えっ、何これ!? 本当においしい!」と感動なさるお客さまが多数いらっしゃいました。

そんな風に驚いてくださったお客さまに、「そうでしょう!」と、ついつい長々と話し込んでしまうこともあったほどです(笑)

また、ホームパーティー用に、お中元用にと、自分自身が楽しむだけではなく、感動の味を“他の誰か共有したい”と言ってくださる方が多かったのが印象的でした。

当店にも、オイルなどをご購入いただいて、極上トリュフの香りをお試しくださった方からの嬉しいお声もいただいております。ここでご紹介させていただきましょう。
脳が覚醒する芳醇な香り! おたま さん 女性
「おたま」さん、ありがとうございます!

やはり、同じトリュフオイルでもここまでしっかりとトリュフの存在感があるものは少ないですよね。

ちなみにこの商品は、フランス中のグルメ食材を集めた、パリのショッピングスポットとして有名な「ギャラリー・ラファイエット」の地下食品売り場や、ロンドンの「ハロッズ」でも販売されています。

▲パリの高級食材店「ギャラリー・ラファイエット」やロンドンの「ハロッズ」でも販売されています
売れない商品はすぐに撤去されてしまうという厳しい競争の世界だと聞きますが、そんなお店で大きな専用棚をキープし、美しくディスプレイされているのですから、人気の高さが伝わってきますね。

そんなメゾン・ド・ラ・トリュフの商品たちですが、先日のフランス出張の際に、マドレーヌ広場の店舗に立ち寄って、先方の輸出担当の方とお会いしてきました。

▲マドレーヌ広場の店舗に立ち寄って、輸出担当の方とお会いしてきました
「次にご紹介できるものは無いか」と、店舗内を歩いてきたのですが、そこで個人的に気になって持ち帰ったのが、先にお話した『黒トリュフ入りバター』だったのです。
老舗のトリュフ専門店「メゾン・ド・ラ・トリュフ」よりトリュフが贅沢にあしらわれた禁断の味『黒トリュフ入りバター』登場 !
世界三大珍味と言われるトリュフ。その中でも、世界的に有名なフランスのペリゴール産のものを使用し、これを細かく刻んでバターに練りこんであります。
だからこそ、パンにとても塗りやすいんですよね。

シンプルに、焼きたてのバケットにたっぷり塗って食すだけで十分においしいですから、高級食材のトリュフとはいえ、日常的に扱いやすく、気軽に楽しむことができます。

しかも、この『黒トリュフ入りバター』を愛用しているうちに、パンだけではなく、色んな用途で幅広く活用できることに気づきました。

具体的には、オムレツなどの卵料理に使ったり、お肉料理のソースに混ぜたり、リゾットやパスタに和えるなどですが、驚くほどトリュフの官能的な風味がプラスされ、高級感あふれるレストランのような味わいになるのです!
実際に、レストランのシェフたちも、トリュフ料理の際に愛用しているのだとか。生のトリュフは扱いが難しいため、トリュフ入りのバターの方が出番が多いのだそうです。

バターのほのかなコクも加わりますから、便利なだけではなく、グンと香り高く、複雑なニュアンスが生まれるのだそうです。

▲バターのほのかなコクも加わり、香り高く複雑な味わいに


皆さまにも、この『黒トリュフ入りバター』を使って、レストランのような味わいをご自宅で再現していただけるよう、後ほどその使い方もより詳しくご案内いたします。

まずは、ご紹介する『黒トリュフ入りバター』そのものについてご説明させてください。
トリュフが贅沢にあしらわれた禁断の味『黒トリュフ入りバター』


日本ではなかなか見かけることがありませんが、フランスの三ツ星レストランを始め、世界各国の一流レストランでは「バター+α」の、手作り感あふれる風味豊かなバターをよく見かけます。
フランスをはじめ、ヨーロッパでは“パンに塗る”食文化が発展しているので、これほどまでにいろんなバリエーションが生まれたのです。

しかし、その中でも“KING OF バターの組み合わせ”と私が考えるのが、やはりこちらですね。
最高の組み合わせやっぱりこちら!バター+トリュフ
世界3大珍味といわれるトリュフ+バターの組み合わせですから、もちろんおいしいに決まっています(笑)

これがレストランで登場したりすると、本当に心躍りますね。
魅惑的なトリュフの香りと豊潤なミルクの香りが一度に広がり、口の中で合わさって膨らむような、最高の共演です。

ところで、先ほど「トリュフは珍味の一つである」とお話ししましたが、そもそもトリュフとは一体どのように収穫するのか、どんな食材なのかということは、意外と知られていないですよね。

今回はせっかくですから、そんな謎に包まれたトリュフの正体についても少しお話させてください。
●「トリュフ」とはどんな食材なのか?
●「トリュフ」とはどんな食材なのか?

▲トリュフの特徴はなんといってもその香り! ▲専用のトリュフスライサーで削ってパスタに一掛け ▲バタ―と合わせたパスタにトリュフを振りかけるだけで絶品料理に
●「トリュフ」とはどんな食材なのか?
●黒トリュフ
●白トリュフ
今でこそ、“ダイヤモンド”と称されるトリュフですが、紀元前16世紀(!)に、トリュフについて書かれた最古の記述が残っており、そこには「地中から現れる、強烈な香りの奇妙な食べ物」と記されていたそうです。

その香りは本当に個性的で、時代が変われば扱いも違うのだと認識させられますね(笑)

さて、そんなトリュフはどのように収穫されるのでしょうか?
実は私たちにも身近な“ある動物”が大活躍しているんですよ!

▲はい。このかわいらしい犬がトリュフを探し求めてきます!
●トリュフの収穫方法

▲まずは犬と一緒に森へ向かいます。 ▲ここが怪しい…犬がトリュフ職人に伝えます。 ▲せっせと掘り起こすトリュフ職人。

▲やりました!大きな白トリュフを発見です。 ▲トリュフ犬をしっかりと褒めてあげます。 ▲大きく身が引き締まったトリュフは香りがすごいんです。
●トリュフの収穫方法
そうなんです。生まれた頃から厳しくしつけられた“トリュフ犬”が、優れた嗅覚を用い、土の中からトリュフを探しだすという伝統的な手法で今も収穫しています。動物と飼い主との間には長い訓練期間があり、その絆があってこそ収穫できるのです。伝統と歴史を感じますね。

メゾン・ド・ラ・トリュフでは、朝一でこうして収穫されたトリュフをパリに取り寄せて、ランチから提供しています。 (ちなみに上の写真は、メゾン・ド・ラ・トリュフ専用のぺリゴール産黒トリュフを探しているトリュフ犬たちです。)

そんな同社のラインナップから、今回新しく輸入を開始する『黒トリュフ入りバター』は、高級イタリアンレストランのような洗練された味が、手軽にご家庭でお作りいただけます。
パンだけでなく、ソースやパスタ、オムレツなど、楽しみ方はいろいろですね。ご家庭では敬遠されがちのトリュフですが、少し形を変えるだけで、意外と便利に使えるものなのです。

“トリュフが香る食卓”なんて、それだけで豪華です。
ずっと嗅いでいたくなるほど素敵な香りが充満するんですから、本当に幸せな気分になれますよ!

「トリュフなんて、使い方が分からない。」と思っていた方も、この『黒トリュフ入りバター』を、通常のバターの代わりとしてお使いください。全てのお料理に、驚くほどの深みが加わります。
『黒トリュフ入りバター』の魅力とは?
プレゼントとしても最適ですね。きっと、受け取った方もトリュフの高級な香りに驚き、喜んでくださることでしょう。

気軽に高級食材を味わっていただけるチャンスですので、ぜひこの機会にトリュフの世界を体感してみてください!

ただし…、今回の入荷は【限定40個のみ】となっておりますので、ご注文はお早めにどうぞ!

チーズだけでなく、世界の“美味”を皆さまと共有できますことを、とても嬉しく思います。今後も、世界中のおいしいものを仕入れ、お届けしてまいりますので、ご期待ください!
パリの老舗トリュフ専門店「メゾン・ド・ラ・トリュフ」最新作レストランの隠し味としても使われる“魅惑のバター”『黒トリュフ入りバター』初登場
『黒トリュフ入りバター』
『黒トリュフ入りバター』

■内容量:75g
■原産国:イタリア
■原材料:バター、黒トリュフ(Tuber Melanosporum Vitt.)、塩、香料
※ミルクが含まれています。
常温でお届けします
※同梱可能な便種についてはこちら!

●「黒トリュフ入りバター」とは?
フランス・ペリゴール産の最高級の黒トリュフを細かく刻み、バターに練りこんだ高級バターです。トリュフの香りもしっかり感じられ、バターの奥深くふくよかな香りと相まって、複雑で濃密な風味が口いっぱいに広がります。

「生のトリュフより使い勝手が良い」として、レストランのシェフも愛用しているほど。その香りは、木・土・ムスクなどの自然の香りと表現されることが多く、そのままパンに塗っても、お料理の隠し味に使っても、バターのミルク感との素晴らしい共演をみせてくれます。

●たった一かけでレストランの味が実現する“禁断のバター“
最高峰のトリュフをそのまま使用した贅沢なバターですが、いつも使っているバターの代わりに、このトリュフ入りバターを使用するだけで、味わいは各段にレベルアップします。パスタに和えたりパンに塗ったり、ステーキや魚のソテーを焼く時、そして仕上げに乗せれば、味が感動的なまでに変化します。お肉を焼いた後の肉汁に投入し、溶かすだけでも絶品トリュフソースが簡単に出来あがります。

トリュフの使い道が分からなかった方でも、驚くほど簡単に、トリュフの官能的な香りがプラスされた、レストランのような高級感あふれる味を生みだすことができるでしょう。

【メゾン・ド・ラ・トリュフ】トリュフ入りバター
玉ねぎとマッシュルームのみじん切りをバターでソテーして塩・胡椒。 そこに黒トリュフバターを投入し、白ワインを入れて乳化させてソースにします。茹で上がったタリアテッレを加えてソースに絡めればできあがり!超簡単なのに超美味しいd(-^o) キッチンとリビングがトリュフのリッチな香りに包まれましたよ〜゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+ リピ買いを決めました!(03月 03日 01時 22分)
感想を投稿
↓↓オリーブオイルはこちら!↓↓

● 『白トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』

白トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル
■ 内容量
: 100ml
■ 原産国
: イタリア
■ 原材料
: エキストラヴァージンオリーブオイル、フリーズドライホワイトトリュフ(Tuber magnatum pico)、香料
※オイルに含まれるオレイン酸の性質により、温度の低い場所では凝固し白濁することがあります。常温で元に戻り、品質には問題ございません。
●「白トリュフ」とは?
“ピエモンテのトリュフ”、“アルバ産トリュフ”などと呼ばれているイ タリアのトリュフ。パリのトリュフ専門店「メゾン・ド・ラ・トリュフ」 では、アルバ産のトリュフを使用しています。
このトリュフは湿気の多い場所を好み、北~中イタリアで収穫されますが 自然産出量は非常に少なく、トリュフの中でも最も高価とされています。

旬は9月~1月になります。少し黄色味を帯びており、表皮は滑らか。中は白っぽく、赤茶色が混ざっ ており、中には白いマーブル模様が見えます。香りが刺激的でエシャロッ トやガーリック、胡椒、微かにメタンガスのような香りをすると言われて います。しかし、その味は香りよりもずっと優しく穏やかな。繊細で余韻 が長いのが特徴です。

たった数滴でプロの味が実現する“魔法のオイル”!
乾燥させたイタリア・アルバ産白トリュフを、エキストラバージンオリー ブオイルにつけ、その贅沢な風味をオイル全体にいきわたらせています。
封を開けた途端、ふんわりと辺り一面にトリュフ独特の高貴な香りが広が ります。黄金色のオリーブオイルを、様々な料理に一かけするだけで、高級レストランの味を再現できます。

こんなお召し上がりがオススメです!
サラダ、パスタ、リゾットなどに最適です。数滴たらすだけで、お口全体 にトリュフ独特の香りが広がります。オリーブオイルに塩を振りかけ、パ ンに付けるだけでも十分に美味。
蒸したエビやイカなどの海鮮、新鮮な野 菜などに使えば、見違えるほどグレードアップします。
チーズ料理であれ ば、チーズフォンデュやグラタン、ピザなどにぜひご利用ください。
また 、白トリュフにはぜひ白ワインを合わせてお楽しみください。 

白トリュフ入りエキストラヴァージン・オリーブオイル
フランスパンに付けては、当たり前に美味しい。 熱い白ご飯にかけて、醤油を少したらして食べたら、これまた 香りは立つし、口にいれた瞬間、鼻腔から抜ける白トリフの香りが 素晴らしい。 美味しいトリフご飯になりました。(05月 17日 18時 25分)
白トリュフ入りエキストラヴァージン・オリーブオイル
驚きの香りと味なに? これ  美味しーうん やっぱり 美味しい 温野菜 ぱりぱり水菜 しゃきしゃきレタス バケット カルパッチョにとかけるだけで 高級テイストに早変わりどう言葉にすれば  上品で飽きないお味です あの人にもこの人にも味わってもらいたいギフトの品にしたいです(03月 01日 17時 01分)

●『黒トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』

黒トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル
■ 内容量
: 100ml
■ 原産国
: イタリア
■ 原材料
: エキストラヴァージンオリーブオイル、フリーズドライブラックトリュフ(Tuber melanosporum vitt.)、香料
※オイルに含まれるオレイン酸の性質により、温度の低い場所では凝固し白濁することがあります。常温で元に戻り、品質には問題ございません。
「黒トリュフ」とは?
白トリュフよりも少し安価でありながら、香りもしっかりと感じられるた め、レストランなどのシェフに人気のある黒トリュフ。パリのトリュフ専 門店「メゾン・ド・ラ・トリュフ」で使用しているものは、黒トリュフを 代表する存在である、フランス・ペリゴール産のもの。スペインやイタリ アでも収穫されます。

特徴はピラミッド型のごつごつとした表皮。土の中ではそこから呼吸して います。香りは木、土、ムスクなどの自然の香りと表現されることが多く 、最後に少し甘さの残る芳香が個性的です。旬は11月~4月。しっかり と身が引き締まっており、濃い黒色をしているものが上級ものです。

たった数滴でプロの味が実現します!
フランス・ペリゴール産の黒トリュフを、エキストラバージンオリーブオ イルにつけ、その贅沢な風味をオイル全体にいきわたらせた逸品です。白 トリュフとは違った個性的な味わいが楽しめます。わずか数滴で部屋中に 広がるような濃密な芳香があふれます。ほんの数滴でお口いっぱいに旨み が広がり、長く楽しめるでしょう。ぜひ赤ワインでお楽しみください。
こんなお召し上がりがオススメです!
冷たいお料理にも、温かいお料理にも良く合います。仕上げに盛り付けた お料理に少しかけるだけ。牛肉のカルパッチョや魚介のサラダ、お肉の煮 込み料理、ステーキ、ハンバーグなど、どんなお料理もワンランク上の味 わいになります。

また、普段使いにも大活躍で、スクランブルエッグや目玉焼き、オムレツ などにもかけてみてください。何気ないお料理が、まるでホテルの朝食の ような味に早変わりします。また、塩を加えてパンにつける食べ方もお試 しください。


●「2つの味を食べ比べてみたい!」という方はコチラ!
『トリュフ入りオリーブオイル2種セット』

白&黒トリュフ入りエキストラヴァージン・オリーブオイル 2種セット
『トリュフ入りオリーブオイル2種セット』
< ~ セット内容 ~ >
● 『白トリュフ入りオリーブオイル』
× 1個
● 『黒トリュフ入りオリーブオイル』
× 1個
こちらは下記の通りの【限定販売】とさせて頂きます。

・『黒トリュフ入りバター』・・・・・・・・・ 40個
・『白トリュフオイル 』・・・・・・・・・・・・ 30個
・『黒トリュフオイル』・・・・・・・・・・・・ 30個
※オイル・トリュフ入りバターのみお買い上げの場合は、「常温便」にてお届けいたします。開封前は、直射日光を避けて冷暗所で保存してください。

※チーズとのセットは「冷蔵便」でのお届けになります。

※商品代金とは別に、送料が必要となります。ご了承下さい。

--------------------------------------- あらかじめ、ご了承下さいませ。

メールマガジン「はいっ!チーズ♪」

耳よりチーズ&食材情報をいち早くお届け!新規ご購読の方にはもれなく300円OFFクーポンプレゼント♪


オーダーチーズ実店舗

チーズガイド

チーズレシピ

豊富なレシピが170以上!

チーズのおいしい店

チーズが楽しめるレストラン

チーズプラトー

気軽に楽しむプラトー

フランスAOPチーズコレクション

フランスAOP認定チーズ

チーズ塾

これでアナタもチーズ通!

チーズに関するQ&A

知っておきたいチーズの基本

動画コンテンツ

「オーダーチーズTV」

チーズのご紹介を動画でご案内しています。
貴重なチーズ作りの風景をはじめ、インタビューも多数放映中♪

 

このページのトップへ




ショッピングインフォメーション

ご注文は24時間365日受付!営業時間11時~18時(土・日・祝日を除く)※メール返信及びお電話による対応は営業日時間内とさせていただいております。

お気軽にお問い合わせ下さい!
お問い合わせフォーム
株式会社 オーダーチーズ
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-15-9 内神田282ビル3F
Tel:03-5289-0732 Fax:03-5289-0734 MAIL:info@order-cheese.com

営業日のご案内

お支払いは安心の<後払い>

  • 代金引換・クレジットカード
  • ご利用いただけるクレジットカード:VISA・master・JCB・amex・diners
  • 詳細はこちら

配送・送料について

  • <全国一律>
    クール便900円(税込972円)
    陸便650円(税込702円) となります。
  • ●商品合計15,000円(税込16,200円)以上お買上げで送料&代金引換手数料無料とさせて頂きます。

    ※同梱可能な便種の商品合計の場合に限ります。同梱不可の便種の場合、15,000円(税込16,200円)を上回りましても適用外となります。
  • 詳細はこちら

返品交換・キャンセルについて

  • ●不良品・誤納品対応:連絡の上、着払い返品後、速やかに良品と交換致します。但し 、お客様の都合による交換・返品は お受け出来ません。
  • ●返品期限・返品方法:納品日より7日以内にご連絡の上、返品願います。
  • ●返品・交換送料 弊社のミスに伴う費用は弊社負担。
  • 詳細はこちら