スペシャル特集 極上のチーズとグルメ食材をピックアップ
【人気ワード】お試しセット / 送料無料 / 冷凍モッツァレラ / ラクレット / シェーブル / トリュフ塩 / パンケーキ / グラノーラ
最短発送案内 今ご注文頂くと06/07(火)に発送可能です。(発送日指定品は除く)
はじめてセット14周年会場
▲14周年お祭り特集はこちら





本店サービス

お取り扱い商品

オトクなセット

チーズ

大人気チーズ

便利な冷凍チーズ

定番チーズ

チーズのお供

ワイン・その他酒

その他

  • ラクレット

プレミアム熟成士チーズ

※月に一度のお取り寄せ

「チーズ熟成士の巨匠」フィリップ・アレオス

「天才MOF熟成士」ロドルフ・ムニエ

オリジナル商品

  • 究極のチーズケーキ@パルミ
  • 究極のチーズケーキ@マスカル

グルメ食材

生ハム

肉加工品

魚加工品

野菜加工品

パスタ

調味料・香辛料

フランス産発酵バター

オリーブオイル

バルサミコ

ソース・ペースト

ソルト・スパイス

贅沢なスイーツ

はちみつ

スプレッド

ジャム・ジュレ

お菓子

営業日のご案内


頒布会
【頒布会・最新作!】
<第1弾>受付スタート
トップページ > 『メゾンドラトリュフのオリーブオイル』
『メゾンドラトリュフのオリーブオイル』
ご注文はこちら

※「パルミジャーノチーズクリーム」は欠品中です。
パリで有名な“トリュフ専門店「MAISON DE LA TRUFFE(メゾン・ド・ラ・トリュフ)」から、贅沢な逸品が日本初登場♪” 2種類で販売数<1,500本>突破!
2種類で販売数<1,500本>突破!
人気雑誌『25ans(ヴァンサンカン)』海外の有名雑誌でもたくさんの掲載実績あり♪

世界三大珍味のひとつである“トリュフ”をふんだんに使用した
<極上オリーブオイル2種>が再入荷です♪

●『白トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』●『黒トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』

こちらは、パリの老舗トリュフ専門店【メゾン・ド・ラ・トリュフ】からの直輸入品で、同店が取り扱う商品の品質の高さは、本場ヨーロッパでも折り紙つきです。

世界3大珍味といわれ、グルメも憧れる食材「トリュフ」ですが、日本ではまだあまり馴染みがないため、どんなものなのか不安に思われるかもしれませんが、、、、

そんな方こそ、この「トリュフ入りオリーブオイル」をご使用ください!

このトリュフの魅力とは?●最高峰トリュフをそのまま贅沢に使用したレアな逸品!●高級レストランの味をご自宅で手軽に味わえます!●一振りするだけで味が見違える、面白い商品です!●パンやサラダ、パスタ、リゾットに!●素敵なパッケージでお土産にも必ず喜ばれます!

風味も濃厚な、黄金色のエキストラバージンオリーブオイルは、エッセンスとしてお料理に数滴ふりかけるだけで、プロの味わいを再現してくれる一級品です。

「トリュフの風味なんて、どうやって使ったらいいの?」

そんな風に身構えることなく、パン、サラダ、オムレツなどにもお使いください。いつもの食べ慣れたお料理であっても、こだわりのトリュフ味が加わることで、レストランのようなお味に変身してくれるのですから♪

ちなみに、日本でもトリュフ風味のオリーブオイルは販売されていますが、そのほとんどが“香料”です。

しかし、このトリュフ入りのオリーブオイルは、生のトリュフがスライス状にそのまま入っていて、とっても贅沢!風味も段違いに素晴らしいのです♪

では、このトリュフ香る黄金のオイルを手掛ける「メゾン・ド・ラ・トリュフ」についてご紹介してまいりましょう!

皆さん、まずはこのポスターをご覧ください。

こちらは、パリで有名な“トリュフ専門店”である「MAISON DE LA TRUFFE(メゾン・ド・ラ・トリュフ)」の看板ポスターです。フランスに詳しい方であればご存知かもしれませんね。

気品あふれる神士が、愛する女性に“指輪”…ではなく、“トリュフ”を捧げています。そして、高級品トリュフを贈られ、嬉しそうにしている女性が描かれています。

そんな2人の背景には、華の都パリの象徴ともいえる凱旋門、そしてシャンゼリゼ通りを囲む木々が、ライトアップされて光り輝いています。きっと大切な記念日なんでしょうね。

そんな幻想的でロマンティックな夜にぜひ訪れたいお店が、この「メゾン・ド・ラ・トリュフ」なのです!


▲マドレーヌ広場の第一店舗 ▲レストランで人気のマッシュポテトのトリュフ掛け ▲シャンゼリゼ通り近くのマルブー店

私も、フランスを訪れることが多いので(仕事ですから、ロマンティックなことはありませんが…)、世界三大珍味の最高級を舌に覚えさせるためにも、フランスへ行った際には、可能な範囲で立ち寄るようにしています。

やはり、本物のトリュフは、そうそう食べられるものではありませんからね。世界三大珍味と言われるほどであり、なおかつ旬の季節があるトリュフとなると、なかなかめぐり合えないものなのですからね~。

「メゾン・ド・ラ・トリュフ」は、パリのグルメの中心であるマドレーヌ広場、そして、パリの銀座と称されるシャンゼリゼ通りと、パリでも最も華やかな2つの地域に店を構えています。


▲マドレーヌ広場の第一店舗 ▲レストランで人気のマッシュポテトのトリュフ掛け ▲シャンゼリゼ通り近くのマルブー店

いずれも味わい・風味ともに最高レベル。何度行っても決して飽きることはありません。他の専門店へ行ったこともありますが、最終的にはやはりこちらへ戻ってしまうのです。

フランスで有名なファッション雑誌「ELLE(エル)」や、ミシュランと並ぶグルメガイド本「ゴ―ミヨ」にも取り上げられているホットなレストランでもあります。

また、センスも抜群なんですよね。レストランで食事を楽しんだ後は、そのご家族や来店できなかったお客さまにもトリュフを楽しんでいただきたい…と、トリュフをオシャレな小瓶やデザインボトルに詰めて、様々な食材に加工して販売しています。


▲メゾン・ド・ラ・トリュフ」が販売しているグッズ ▲トリュフがそのまま入ったトリュフ入りオイルは人気商品 ▲石造りの壁とピンクのパッケージが可愛らしく上品ですね

私が訪問した際の動画もご覧ください。


※クリックすると音声が流れます

美しいですよね。気品あふれるピンク色のデザインも、ロゴもパッケージも、高級感があって本当に素敵だと思います。 日本の方にも好まれるデザインではないでしょうか?

私も何度もお土産に使ってきましたが、これは本当に喜ばれます。

トリュフそのものの高級感、パッケージの美しさに加えて、これだけ有名な老舗の品なのに“日本未入荷”で、国内のどこを探しても手に入らないのですから!

しかも、パリのショッピングスポットとして有名な、フランス中のグルメ食材を集めている人気のショップ「ギャラリー・ラファイエット」の地下食品売り場でも販売されているほどです!

こちらは、売れない商品はすぐに廃止されてしまうという厳しい競争の世界だと聞いています。そんなお店でも、大きな専用棚を持ち、美しくディスプレイされていましたので、きっと人気が高いんでしょうね。

何年もの間、謎に包まれてきたトリュフの正体。


▲なめらかでじゃがいものような白トリュフ ▲ピラミッド状の表皮を持つ黒トリュフ

このトリュフという食材ですが、“丸く黒いチョコレート”を思い浮かべる方も多いでしょう。普段は食べ慣れないものですから、なかなかイメージしづらいでしょうね。

まずは、トリュフは一体どのように収穫するのか、どんな食材なのか…というところからご説明いたしましょう。

●「トリュフ」とはどんな食材なのか?
●「トリュフ」とはどんな食材なのか?

▲トリュフの特徴はなんといってもその香り! ▲専用のトリュフスライサーで削ってパスタに一掛け ▲バタ―と合わせたパスタにトリュフを振りかけるだけで絶品料理に
●「トリュフ」とはどんな食材なのか?
●黒トリュフ
●白トリュフ
今すぐご注文の方はこちら!

今でこそ、“ダイヤモンド”と称されるトリュフですが、紀元前16世紀(!)に、トリュフについて書かれた最古の記述が残っており、そこには「地中から現れる、強烈な香りの奇妙な食べ物」と記されていたそうです。

その香りは本当に個性的で、時代が変われば扱いも違うのだと認識させられますね(笑)

さて、そんなトリュフはどのように収穫されるのでしょうか?
実は私たちにも身近な“ある動物”が大活躍しているんですよ!


▲はい。このかわいらしい犬がトリュフを探し求めてきます!
●トリュフの収穫方法

▲まずは犬と一緒に森へ向かいます。 ▲ここが怪しい…犬がトリュフ職人に伝えます。 ▲せっせと掘り起こすトリュフ職人。

▲やりました!大きな白トリュフを発見です。 ▲トリュフ犬をしっかりと褒めてあげます。 ▲大きく身が引き締まったトリュフは香りがすごいんです。
●トリュフの収穫方法

赤ちゃんの頃から厳しくしつけられた犬が、トリュフを探しだす大事な役割を果たしているんですね。動物と飼い主との間には長い訓練期間があり、その絆があってこそ収穫できるのです。 伝統と歴史を感じますね。

それでは、そんなトリュフの専門店として、トリュフを提供しているレストラン「メゾン・ド・ラ・トリュフ」について、詳細をお話しいたしましょう!

●「メゾン・ド・ラ・トリュフ」

▲トリュフオイルも準備されたテーブル ▲「トリュフリゾット」 ▲大きく身が引き締まったトリュフは香りがすごいんです。

▲トリュフと白身魚のカルパッチョ ▲ホタテのトリュフ焼き ▲トリュフ風味のサラダ
●「メゾン・ド・ラ・トリュフ」

ゴージャスで、ちょっとセレブな大人のレストラン。
そんな印象のお店ですので、ここでは束の間の贅沢気分を味わうことができます。


▲担当者の方とお店の前で ▲「メゾン・ド・ラ・トリュフ」を輸入できるなんて夢のようです! ▲いつかはこのホールトリュフも皆様にお届けします。

▲様々な商品を紹介してくれました。 ▲「おすすめはこのオイルだよ。香りがとにかく凄いんだ。」 ▲ちょうど収穫されたばかりのトリュフが届きました!
お店は決して広くありませんが、店内はとても居心地がよく、ギャルソンの方たちもとても気さく。色んな説明をしてくれるので、とても勉強にもなります。

高級レストランですが、あまり緊張せずに心地よく過ごせるんですよね。

▲トリュフをしりつくしているお店のギャルソン ▲大粒のトリュフがゴロゴロ。こんなの見たことがありません(笑) ▲おそるおそる嗅ぐと…この後はもちろん目を閉じてしまいました(笑)

▲熱心にトリュフについて説明してくれました。 ▲ブラッシング作業。トリュフについている土を除きます。 ▲トリュフをカットすると、中から綺麗な大理石模様が。

そんな「メゾン・ド・ラ・トリュフ」のラインナップの中から“再入荷”いたしますのが

2種類で販売数<1,500本>突破!
白&黒トリュフ入りエキストラヴァージン・オリーブオイル 2種セット 限定100本
●『白トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』●『黒トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』

このトリュフ入りオリーブオイル2種は「メゾン・ド・ラ・トリュフ」のラインナップの中でも絶大な人気を博しているのです。


それでは、各アイテムについて、詳しくお話いたしましょう!

●たった数滴でプロの味が実現する“魔法のオイル”『白トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』
白トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル
乾燥させたイタリア・アルバ産白トリュフを、エキストラバージンオリーブオイルにつけ、その贅沢な風味をオイル全体にいきわたらせました。

封を開けた途端、ふんわりと辺り一面にトリュフ独特の高貴な香りが広がります。黄金色のオリーブオイルを、様々な料理に一かけするだけで、高級レストランの味を再現できます。

リゾットやパスタに一振りしても良いですし、サラダにかけていただくと、最高に贅沢なドレッシングになります。蒸したエビやイカなどの海鮮、新鮮野菜などに使えば、見違えるほどグレードアップ。チーズ料理であれば、チーズフォンデュやグラタン、ピザなどにぜひ使用してみてください。

また、塩を少々加えて、パンにつけてお召し上がりいただくと、トリュフの香りがお口いっぱいに広がり、ほのかな塩気とパンの甘みと混ざり合って絶妙です。塩を加えるだけで、いっそうトリュフが引き立ち、脇役であるはずのパンがどんどん無くなっていくことでしょう。

白トリュフは、トリュフの中でも最も希少価値が高く、芳醇で魅惑的な香りを持ちます。あたり一面に漂う濃密な香りは、“恋の媚薬”と呼ばれるだけあり、思わずうっとりとしてしまいそうです。

ただし、白トリュフを口にできるのは、秋から冬の短い期間のみ。
そんな貴重なトリュフを、一年中いつでもお楽しみいただける贅沢な『白トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』。

高級イタリアンレストランのメニューに見られるような洗練された味が、手軽に素早く、ご家庭のキッチンでお作りいただけます。ぜひ、白ワインやシャンパンを合わせてお楽しみください。
●たった数滴でプロの味が実現する“魔法のオイル”『黒トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』
黒トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル
黒トリュフは白トリュフよりも扱いやすく、一番人気の品です。

白トリュフよりも少し香りが薄いですが、また違った華やかさがあります。「ぺリゴール産」と呼ばれる南仏で収穫されたもので、11月~4月が旬。しっかりと身が引き締まっていて、黒色が濃いものが、成熟した上級品の証です。

「メゾン・ド・ラ・トリュフ」のものは成熟が進んでおり、ほぼ真っ黒な状態のトリュフを使用しております。土の中でピラミッド型のゴツゴツとした表皮から呼吸し育ちました。
その香りは、木や土、ムスクのようだと表現され、少し甘みを帯びているのが特徴です。

白トリュフとは違った個性的な味わいが楽しめます。わずか数滴で、部屋中に広がるような濃密な芳香が広がります。

冷たいお料理にも、温かいお料理にも良く合います。仕上げに盛り付けたお料理に少しかけるだけ。牛肉のカルパッチョや魚介のサラダ、お肉の煮込み料理、ステーキ、ハンバーグなど、どんなお料理もワンランク上の味わいになります。

また、より普段使いでも大活躍で、スクランブルエッグや目玉焼き、オムレツなどにもかけてみてください。何気ないお料理が、まるでホテルの朝食のような味に早変わりします。
また、塩を加えてパンにつける食べ方もお試しください。

オイルはほんの数滴垂らせば、風味がお口いっぱいに広がり、長く楽しめるでしょう。
ぜひ赤ワインでお楽しみください。
今すぐご注文の方はこちら!

パリの高級レストランの味をご自宅で簡単に楽しめますから、本当に便利なんですよね~。

身近なところで、パン、サラダ、オムレツなどにもお使いください。いつもの一品でも、こだわりのトリュフ味が加わることで、普段使いでも、友人が来た時に振る舞うお料理としても大活躍してくれるでしょう。

日本にもトリュフ風味のオリーブオイルは販売されていますが、そのほとんどが“香料”です。しかし、このトリュフ入りのオリーブオイルは、生のトリュフがスライス状にそのまま入っているのが特徴です。

こんなに贅沢に入っているものは、かなり珍しいんですよ!

実際に、このオリーブオイルは、フランスのレストランでも各テーブルに置かれていました。そこでは、トリュフ入りの岩塩などを加えて、贅沢な風味をそのまま味わうべく、パンとともに楽しむ方が多かったですね。


▲黄金いろに輝くオイルの中には、生のトリュフが入っています! ▲さっそく担当者の方とレストランで試食会 ▲やはりテーブルにはトリュフオイル。是非ご自宅でも!

ご自宅で、普通のオリーブオイルではなく「トリュフ入り」を出せば、それだけ豪華さも増し、ご家族やご友人も「おぉ~っ!」と驚いてくれるはずです。

どんなお料理も引き立ててしまうトリュフ入りオリーブオイル。

白も黒もそれぞれ魅力を持っていますので、お好きな方を試されるのもいいですし、二つを食べ比べするもいいですね。 ぜひお楽しみください。


さて、詳しくご紹介してまいりましたが、いずれも、トリュフの風味が濃厚に薫るため、最初は少し驚かれるかもしれません。

でも、本物のトリュフの香りをじっくりと嗅いだことのある方って、意外と少ないのではないでしょうか?

レストランでお料理の上に乗った薄いスライスを食べたとしても、その風味はとっくに消えているものです。

 ●トリュフを一度味わってみたい!
●トリュフってどんな香りがするんだろう?
●トリュフってそんなにおいしかったっけ?

こんな風に思っても、トリュフそのものにはなかなか手が出ませんし、なかなか日本ではおいしいものに出会えないもの。
試してみるのも勇気がいるでしょう。

パリの名店「メゾン・ド・ラ・トリュフ」の逸品たちは、しっかりとトリュフの風味が感じられ、瓶の中に芳香を保ってあり、「これがトリュフか!」と、本物の味がお分かりいただけるでしょう。

気軽に高級食材を味わっていただけるチャンスですので、ぜひこの機会にトリュフの世界を体感してみてください!

なお、同ブランドのラインナップといたしまして、当店では以下のようなアイテムをご紹介しております。

●黒トリュフ入りバター●トリュフ入りパルミジャーノクリーム●トリュフ入りタリアテッレ●トリュフ入りブリーチーズ など

しかし、これらすべて、大好評につき<完売中>でして…。
再入荷の予定は未定となっております。

『白&黒トリュフ入りオリーブオイル』は手配できましたが、こちらも今回の入荷分が完売となりましたら、また次の入荷までしばらくお待ちいただく形となってしまいます。

見た目も華やかですから、ギフトとしてご利用いただく機会も多い“至高のオリーブオイル”です!

完売となってしまう前に、ぜひお買い求めくださいませ♪

『白トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』
白トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル

「1本」でお買い求めなら

clear 4 c 6 0 0 円(税抜)

『3本セット』なら…

通常価格 1 3 c 8 0 0 円(税抜)のところ
3%off! clear 1 3 c 3 8 0 円(税抜)
『黒トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』
黒トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル

「1本」でお買い求めなら

clear 4 c 2 0 0 円(税抜)

『3本セット』なら…

通常価格 1 2 c 6 0 0 円(税抜)のところ
3%off! clear 1 2 c 2 2 0 円(税抜)
「2つの味を食べ比べてみたい!」という方はコチラ!
白&黒トリュフ入りエキストラヴァージン・オリーブオイル 2種セット
  • 『白トリュフ入りオリーブオイル』× 1個
  • 『黒トリュフ入りオリーブオイル』× 1個

『トリュフ入りオリーブオイル2種セット』

clear 8 c 8 0 0 円(税抜)

『トリュフ入りオリーブオイル2種セット』【ギフトBOX入り】

clear 9 c 3 5 0 円(税抜)
今すぐご注文の方はこちら!

● 『白トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』

白トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル
■ 内容量
: 100ml
■ 原産国
: イタリア
■ 原材料
: エキストラヴァージンオリーブオイル、フリーズドライホワイトトリュフ(Tuber magnatum pico)、香料
※オイルに含まれるオレイン酸の性質により、温度の低い場所では凝固し白濁することがあります。常温で元に戻り、品質には問題ございません。
●「白トリュフ」とは?
“ピエモンテのトリュフ”、“アルバ産トリュフ”などと呼ばれているイ タリアのトリュフ。パリのトリュフ専門店「メゾン・ド・ラ・トリュフ」 では、アルバ産のトリュフを使用しています。
このトリュフは湿気の多い場所を好み、北~中イタリアで収穫されますが 自然産出量は非常に少なく、トリュフの中でも最も高価とされています。

旬は9月~1月になります。少し黄色味を帯びており、表皮は滑らか。中は白っぽく、赤茶色が混ざっ ており、中には白いマーブル模様が見えます。香りが刺激的でエシャロッ トやガーリック、胡椒、微かにメタンガスのような香りをすると言われて います。しかし、その味は香りよりもずっと優しく穏やかな。繊細で余韻 が長いのが特徴です。

たった数滴でプロの味が実現する“魔法のオイル”!
乾燥させたイタリア・アルバ産白トリュフを、エキストラバージンオリー ブオイルにつけ、その贅沢な風味をオイル全体にいきわたらせています。
封を開けた途端、ふんわりと辺り一面にトリュフ独特の高貴な香りが広が ります。黄金色のオリーブオイルを、様々な料理に一かけするだけで、高級レストランの味を再現できます。

こんなお召し上がりがオススメです!
サラダ、パスタ、リゾットなどに最適です。数滴たらすだけで、お口全体 にトリュフ独特の香りが広がります。オリーブオイルに塩を振りかけ、パ ンに付けるだけでも十分に美味。
蒸したエビやイカなどの海鮮、新鮮な野 菜などに使えば、見違えるほどグレードアップします。
チーズ料理であれ ば、チーズフォンデュやグラタン、ピザなどにぜひご利用ください。
また 、白トリュフにはぜひ白ワインを合わせてお楽しみください。 

感想を投稿
白トリュフ入りエキストラヴァージン・オリーブオイル
フランスパンに付けては、当たり前に美味しい。 熱い白ご飯にかけて、醤油を少したらして食べたら、これまた 香りは立つし、口にいれた瞬間、鼻腔から抜ける白トリフの香りが 素晴らしい。 美味しいトリフご飯になりました。(05月 17日 18時 25分)
白トリュフ入りエキストラヴァージン・オリーブオイル
驚きの香りと味なに? これ  美味しーうん やっぱり 美味しい 温野菜 ぱりぱり水菜 しゃきしゃきレタス バケット カルパッチョにとかけるだけで 高級テイストに早変わりどう言葉にすれば  上品で飽きないお味です あの人にもこの人にも味わってもらいたいギフトの品にしたいです(03月 01日 17時 01分)

●『黒トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル』

黒トリュフ入りエキストラヴァージンオリーブオイル
■ 内容量
: 100ml
■ 原産国
: イタリア
■ 原材料
: エキストラヴァージンオリーブオイル、フリーズドライブラックトリュフ(Tuber melanosporum vitt.)、香料
※オイルに含まれるオレイン酸の性質により、温度の低い場所では凝固し白濁することがあります。常温で元に戻り、品質には問題ございません。
「黒トリュフ」とは?
白トリュフよりも少し安価でありながら、香りもしっかりと感じられるた め、レストランなどのシェフに人気のある黒トリュフ。パリのトリュフ専 門店「メゾン・ド・ラ・トリュフ」で使用しているものは、黒トリュフを 代表する存在である、フランス・ペリゴール産のもの。スペインやイタリ アでも収穫されます。

特徴はピラミッド型のごつごつとした表皮。土の中ではそこから呼吸して います。香りは木、土、ムスクなどの自然の香りと表現されることが多く 、最後に少し甘さの残る芳香が個性的です。旬は11月~4月。しっかり と身が引き締まっており、濃い黒色をしているものが上級ものです。

たった数滴でプロの味が実現します!
フランス・ペリゴール産の黒トリュフを、エキストラバージンオリーブオ イルにつけ、その贅沢な風味をオイル全体にいきわたらせた逸品です。白 トリュフとは違った個性的な味わいが楽しめます。わずか数滴で部屋中に 広がるような濃密な芳香があふれます。ほんの数滴でお口いっぱいに旨み が広がり、長く楽しめるでしょう。ぜひ赤ワインでお楽しみください。
こんなお召し上がりがオススメです!
冷たいお料理にも、温かいお料理にも良く合います。仕上げに盛り付けた お料理に少しかけるだけ。牛肉のカルパッチョや魚介のサラダ、お肉の煮 込み料理、ステーキ、ハンバーグなど、どんなお料理もワンランク上の味 わいになります。

また、普段使いにも大活躍で、スクランブルエッグや目玉焼き、オムレツ などにもかけてみてください。何気ないお料理が、まるでホテルの朝食の ような味に早変わりします。また、塩を加えてパンにつける食べ方もお試 しください。

感想を投稿

●「2つの味を食べ比べてみたい!」という方はコチラ!
『トリュフ入りオリーブオイル2種セット』

白&黒トリュフ入りエキストラヴァージン・オリーブオイル 2種セット
『トリュフ入りオリーブオイル2種セット』
< ~ セット内容 ~ >
● 『白トリュフ入りオリーブオイル』
× 1個
● 『黒トリュフ入りオリーブオイル』
× 1個
感想を投稿
白&黒トリュフ入りエキストラヴァージン・オリーブオイル
日本でにわかにトリュフオイルの人気が出始めてから暫らく経つせいか私の周りでも他社のトリュフ・オイルを味わったことがある食いしん坊仲間はいたのですが、このメゾン・ド・ラ・トリュフのトリュフ・オイルは他社のそれとは圧倒的に香りが違い、眠気も酔いも一気に覚醒して「しっかり味わい尽くさなくっちゃ!」と集まった誰もが目を真ん丸にし鼻腔を膨らませたのが印象的で、オーダーチーズ・ドットコムさんのチーズを使った自家製パンとチーズとこのトリュフ・オイルを持って行った私は鼻高々でした(笑)すばらしい逸品を紹介してくださってありがとうございました!(04月 20日 06時 29分)

▲こちらは下記の通りの【限定販売】とさせていただきます

白トリュフオイル
: 100本
黒トリュフオイル
: 100本
  • ※オイルのみお買い上げの場合は、「常温便」にてお届けいたします。
  • ※ 開封前は、直射日光を避けて冷暗所で保存してください
  • チーズとのセットは「冷蔵便」でのお届けになります。
  • ▲商品代金とは別に、送料が必要となります。

─────────────── あらかじめ、ご了承下さいませ

メールマガジン「はいっ!チーズ♪」

耳よりチーズ&食材情報をいち早くお届け!新規ご購読の方にはもれなく300円OFFクーポンプレゼント♪


オーダーチーズ実店舗

チーズガイド

チーズレシピ

豊富なレシピが170以上!

チーズのおいしい店

チーズが楽しめるレストラン

チーズプラトー

気軽に楽しむプラトー

フランスAOPチーズコレクション

フランスAOP認定チーズ

チーズ塾

これでアナタもチーズ通!

チーズに関するQ&A

知っておきたいチーズの基本

動画コンテンツ

「オーダーチーズTV」

チーズのご紹介を動画でご案内しています。
貴重なチーズ作りの風景をはじめ、インタビューも多数放映中♪

このページのトップへ




ショッピングインフォメーション

ご注文は24時間365日受付!営業時間11時~18時(土・日・祝日を除く)※メール返信及びお電話による対応は営業日時間内とさせていただいております。

お気軽にお問い合わせ下さい!
お問い合わせフォーム
株式会社 オーダーチーズ
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-15-9 内神田282ビル3F
Tel:03-5289-0732 Fax:03-5289-0734 MAIL:info@order-cheese.com

営業日のご案内

お支払いは安心の<後払い>

  • 代金引換・クレジットカード
  • ご利用いただけるクレジットカード:VISA・master・JCB・amex・diners
  • 詳細はこちら

配送・送料について

  • <全国一律>
    クール便900円(税込972円)
    陸便650円(税込702円) となります。
  • ●商品合計15,000円(税込16,200円)以上お買上げで送料&代金引換手数料無料とさせて頂きます。

    ※同梱可能な便種の商品合計の場合に限ります。同梱不可の便種の場合、15,000円(税込16,200円)を上回りましても適用外となります。
  • 詳細はこちら

返品交換・キャンセルについて

  • ●不良品・誤納品対応:連絡の上、着払い返品後、速やかに良品と交換致します。但し 、お客様の都合による交換・返品は お受け出来ません。
  • ●返品期限・返品方法:納品日より7日以内にご連絡の上、返品願います。
  • ●返品・交換送料 弊社のミスに伴う費用は弊社負担。
  • 詳細はこちら